イオンカードKitacaのメリットまとめ。キタカへクレジットチャージでポイント付与

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

-shared-img-thumb-anjyu160103477551_TP_V
スポンサーリンク

北海道旅客鉄道(JR北海道)が導入したICカード乗車券Kitaca(キタカ)とイオンカードの機能が一体化した「イオンカードKitaca」をピックアップしてみます。

「イオンカードKitaca」が選ばれる理由やポイント還元率、カード審査情報(審査は厳しい?甘い?)、評判はどう?(高い?悪い?)など、クレジットカード申し込み前に知っておきたい情報・疑問を徹底調査します。

電子マネー「Kitaca」の特徴・メリット

まずは搭載された電子マネー「kitaka」についてです。便利な機能を簡単にご紹介します。

Kitaca(キタカ)の特徴

Kitaca(キタカ)はきっぷを買わずにカードを改札機にタッチするだけで通過できるICカード乗車券です。電子マネーとして加盟店で買い物にも利用できます。

Kitacaで電車に乗る為には、チャージ(入金)を事前に行う必要があります。残高がゼロになればまたチャージできますので、1枚のカードを繰り返し利用できます。チャージは駅や加盟店で行うことができます。(後述)

電車運賃は改札機通過時に自動精算されますから、きっぷ(紙)のように乗り越し料金の精算の手間が一切ありません。

全国のicマークのある鉄道、バス等でもKitacaで精算することができます。下記のIC乗車券の利用可能エリアであれば相互利用できます。(SAPICAエリア含む)。エリアをまたがって利用は不可。

2016y04m15d_170417141

首都圏、名古屋、関西、九州などへ旅行・出張時でもきっぷ(紙)を買う手間がありません。

              
スポンサーリンク

kitakaはどこで使える?

先にも紹介しました全国のicマークのある鉄道・バス等の他に、お店で代金の支払いにも利用できます。ここでは「Kitaca加盟店」とします。

Kitaca加盟店(レジにicマークのあるお店)は下記となります。(主要店舗のみの紹介となります)

百貨店 アピア・エスタ・JR札幌駅パセオ・JRタワー札幌ステラプレイス
コンビニエンスストア ファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス・セブンイレブン・セイコーマート
スーパー・ドラッグストア・商業施設 イオン・マックスバリュ・アインズ&トルペ・ツルハドラッグ・ドラッグセイムスアリオ札幌・赤れんがテラス・千歳アウトレット・「ル・トロワ」・新千歳空港ランドマーク・
家電量販店 ビッグカメラ・コジマ・ソフマップ
外食チェーン ガスト・すき家・松屋・大戸屋・ドトールコーヒー・ミスタードーナツなど
書店 ブックオフ・紀伊國屋書店
その他 ヤマト運輸・宇佐美サービスステーション・エッソ・モービル・ゼネラル

kitakaのチャージ方法

チャージ可能な場所は下記です。現金でのチャージが基本です。

  • 駅(Kitacaマークのある「券売機」「チャージ機」「みどりの窓口」等。交通系IC乗車券として相互利用可能な全国のエリアを含む
  • Kitaca加盟店

Suicaのようなオートチャージ機能はKitacaには備わっていません。

駅でのチャージ

駅でチャージする場合、無人駅などでは券売機でも対応していない場合があります。各駅の詳細な状況は下記を参照ください。

参考Kitaca対応窓口・機器設置一覧 (pdfファイル)

通常切符を買うように、現金でチャージを行います。

また後述しますが、みどりの窓口でイオンカードKitacaを使って、クレジットカードチャージする方法もあります。

Kitacaがチャージ可能なKitaca加盟店は下記となります。

Kitaca加盟店でのチャージ

数あるKitaca加盟店の中でも下記の店舗店頭でKitacaへチャージできます。

レジで「Kitacaチャージお願いします」と申し出ましょう。チャージ額はその場で現金で支払います。

コンビニエンスストア ファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス・セブンイレブン・セイコーマート
スーパー・ドラッグストア イオン・マックスバリュ・ツルハドラッグ
家電量販店 ビッグカメラ・コジマ・ソフマップ

イオンカードKitacaの特徴

photo0000-5098

ここでイオンカードKitacaに移ります。イオンカードKitacaは先に紹介したKitacaとイオンカードがセットになったクレジットカードです。

入会費も年会費も無料です。

年会費・入会費 無料
ETCカード年会費。入会費 無料
電子マネー Kitaca標準搭載
WAONカードプラス別途発行可
発行手数料300円(税込)
国際ブランド VISA
付帯保険 カード盗難保障無料付帯

イオンカードは比較的審査もイージーなのでイオンカードKitacaも同様に捉えてよいと思います。

電子マネーはWAONの代わりにKitacaが搭載されている

通常イオンカードには電子マネーWAONが搭載されていますが、イオンカードKitacaはその名の通りWAONの代わりにKitacaが搭載されています。

それではイオンカードKitacaを選ぶとWAONは諦めないといけないんでしょうか?

いえ、そんなことはないです。

クレジットカード一体型としてWAONを載せることはできませんが、イオンカードKitacaと紐つけされた特別なWAON、「WAONカードプラス」を別途申し込むことができます。発行手数料300円(税込)。

WAON利用でWAONポイント2倍となる毎月5日の「お客さまわくわくデー」などを利用するためにはこのカードが必要になります。

card-014

通常イオンなどのレジで300円で購入できる「無記名式のWAONカード」と見た目は同じですが、中身は少し違います。(使い方は同じです)

その一番の特徴はオートチャージを利用できることにあります。

WAON残高が少なくなったときに自動的にチャージされるのが「オートチャージ」です。

現金からのチャージはもちろん、登録のクレジットカード(この場合はイオンカードKitaca)からのチャージも可能です。(通常のWAONカードではクレジットカードでの入金は不可)

              
スポンサーリンク

Kitacaにクレジットカードチャージができる

先ほどKitacaのチャージに関して「現金が基本」と言いましたが、唯一クレジットカード(イオンカードKitaca)からKitacaへ入金する方法があります。

しかもチャージ分の金額はクレジットカードで引き落とされる際に、ときめきポイントの付与対象となります。

つまりKitaca自体はいくら使ってもポイントを貯めることはできませんが、チャージをすればときめきポイントが貯まることになります。

ただしクレジットカードを使ってKitacaへチャージできる場所はKitaca発売駅のみどりの窓口だけです。

同一カードに搭載の「Kitaca」へクレジットチャージができます。(200円につきときめきポイント1Pが付与されます)

チャージ上限は20,000円で、チャージできる金額の単位は、「1,000円」「2,000円」「3,000円」「4,000円」「5,000円」「10,000円」となっています。

PRイオンカードKitacaはクレジットカードチャージでお得

イオンでのお買い物でお得!

イオンの毎月20・30日の「お客さま感謝デー」( お買い物代金が5%OFF)、イオンカードKitacaカードは対象カードです!

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」 お買い物代金5%OFF 対象カード
5のつく日「お客さまわくわくデー」 WAONご利用でWAONポイント2倍 対象カード
毎月10日「ありが10デー」 対象店舗でWAONのお支払いでWAONポイントが5倍、
イオンカードのクレジット払いでは、ときめきポイントが5倍
WAON払いの場合のみ対象
(55歳以上の会員限定) 毎月15日「G.G感謝デー」 お買い物代金5%OFF 対象カード
毎月10日「ときめきWポイントデー」は ときめきポイントが2倍! 対象カード

イオンカードKitacaでときめきポイントが貯まります。

イオンカードKitacaの利用金額に応じて「ときめきポイント」がたまります。

利用200円(税込)ごとに1ポイントです。

たまったポイント数に応じて素敵な商品との交換やポイント移行できます。

一方で、電子マネー「Kitaca」にはポイントプログラムがありません。

クレジットカードとKitacaのどちらも使えるシーンであれば、イオンカードで決済を行ったほうがときめきポイントがたまってお得です。

北海道のKitacaエリアにお住まいであったり、JR北海道を利用する方にはおすすめです。

イオンカードとしての基本的な機能は既に備えていて、さらにKitacaの利便性がプラスされていますから、イオンカード並みの評判とそれ以上の機能を備えていると言っていいと思います。

「イオンカードKitacaのメリットまとめ。キタカへクレジットチャージでポイント付与」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る