リーダーズカード改悪後のAmazon利用で最もオススメなクレジットカード考察

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

11beauty-863439_1920
スポンサーリンク

2015年12月よりジャックスの高還元率クレジットカードのポイント付与率が改悪されました。

その中でAmazonの利用で高い還元を誇っていたReader’s Cardも改悪となりました。そこで今回はAmazonでお得なカードを改めて考えてみたいと思います。

人気カードが軒並み還元率改悪へ

2015年12月から改悪となったのはジャックスの中でも高還元率をうたった人気カードばかりです。

漢方スタイルクラブカード (1.75%⇒1.5%)
REXカード (1.75%⇒1.5%)
Reader’s Card (Jデポ還元率1.5%⇒1.1%、Amazon限定デポ1.8%⇒1.32%

リーダーズカードのデポジット(値引き)について

その中でも特に酷いのがReader’s Card(以下「リーダーズカード」)の改悪ぶりです。

リーダーズカードはこれまで最大1.8%という高い還元率が人気のカードでした。

リーダーズカードはクレジットカード利用によって獲得した独自ポイント「Reader’s Card ポイント」を「デポジット」というカードショッピング利用分からの「値引き」として利用することが可能です。

最大1.8%という力を発揮する為には、「Amazon限定デポジット」に交換する必要があります。

Amazon利用分からしか値引きが出来ないデポジットだと思って下さい。

しかもこのAmazon限定デポジットの使い方は率直にいって評判の悪いものでした。

STEP1 デポジットの交換申請
STEP2 対象期間の通知が届く
STEP3 対処期間中にAmazonで買い物をする
STEP4 請求でAmazon利用分が値引きされる

Amazonデポを利用する為には、計画的な交換申請・購入が必要です。

本来Amazonの利点は「コレが欲しい」と感じた衝動をそのまま2,3クリックで簡単に購入にまで結びつけることが出来る「衝動から購入への直結」だと思っています。

翌日早ければ当日にでも購入した商品が手元に届くはずです。

しかしそれがリーダーズカードでお得に買い物をしようとすると叶わなくなります。本当は明日にでも欲しいのにそれをデポジット(値引き)で買おうとするには数週間のタイムラグが発生してくるわけです。

そんな時間差ストレスを感じながらも、これまでリーダーズカードが人気カードとなりえたのは1.8%という業界でもトップクラスの還元率に他なりません。

リーダーズカード「オワコン」へ

しかし還元率の改悪が行われる運びとなりました。

もう一度改悪内容を整理すると

Jデポ(カード利用額から値引き) 還元率1.5%⇒1.1%
Amazon限定デポ 還元率1.8%⇒1.32%

このように改悪されます。

これでカード年会費条件を確認してみましょう。

初年度年会費 無料
次年度年会費 前年度のカードショッピングご利用合計金額が50万円以上の場合、
無料50万円未満の場合は、次年度年会費として本人会員2,500円+消費税

どうでしょう?

最大還元率1.32%の為に年会利用額50万円以上利用をしなくては、2,500円+税の維持費が必要となってくるわけです。

個人的にはかなり割が合わないカードとなってしまった印象です。

              
スポンサーリンク

リーダーズカード改悪後のAmazon利用でお得なカードは?

books_apple_hires

PR今回改悪しなかったエクストリームカードは最大還元率1.5%です!

Amazon Master Card ゴールド

私が注目したのはAmazon.co.jpの公式カード「Amazon Master Card クラシック」および「Amazon Master Card ゴールド」以下(「アマゾンカード」・「アマゾンカードゴールド」)です。

私はAmazonのヘビーユーザにはアマゾンカードゴールドがおすすめです。

 
アマゾンカード アマゾンカードゴールド
年会費(税別) 無料 10,000円
(最大4,000円※へ減額可能)
Amazon還元率 プライム会員の場合2.0%
非プライム会員は1.5%
2.5%
(2016年10月より還元率アップ)
一般利用還元率 1.0%
特典 入会で2,000円分ポイント 入会で3,000円分ポイント
Amazonプライム年会費無料

※減額可能なのは翌年度以降、初年度は年会費10,800円。

アマゾンカードゴールドを薦める前提なので、ノーマルのクラシックカードについては表の通りです。

2016年10月27日(木)よりAmazon利用時の還元率がアップしました!

新 (2016年10月27日以降)
クラシックカード 1.5% プライム会員の場合2.0%にアップ
非プライム会員は従来通り1.5%
アマゾンカードゴールド 2.0% 2.5%にアップ

アマゾンカードゴールドの年会費について

アマゾンカードゴールドは一見、年会費10,000円とゴールドカード並みの年会費です。

しかしこの年会費を10,000 ⇒ 4,000円へと減額することが可能です。ただし減額可能なのは翌年度以降、初年度は年会費10,800円が発生します。

マイ・ペイすリボの登録」で年会費半額
Web明細書への変更(無料) 」で年会費1,000円引き

この2つです。

気になる「マイ・ペイすリボ」ですが、これはあらかじめ自分で設定した毎月の支払い額をリボ払いにする仕組みです。

通常のリボ払いは金利手数料が発生しますが、マイ・ペイすリボは初回の支払い日に全額支払えば、金利手数料が不要になります。

自分で設定した額を超えさえしなければ、ずっと通常の一括払いのように金利手数料は一切かからずに、カード引き落としをすることが可能です。

なので利用限度上限額をマイ・ペイすリボの設定金額にしておけば、利用限度額を超えない限りリボ払いにはなりません。

このマイ・ペイすリボの登録で年会費が減額になる仕組みは、信頼と実績の「三井住友VISAカード」が提供するサービスです。

Amazonプライムの年会費無料

アマゾンカードゴールドの特典は「Amazonプライム」の年会費が無料となることです。

Amazonプライムは以下のような優遇が受けられる有料サービス(年会費は3,900円税込)です。

Amazonプライムの特典まとめ

  • 当日お急ぎ便・お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料。Amazonプライム配送特典の対象商品1,800万点以上
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 「会員限定先行タイムセール」に通常より30分早く参加できる
  • Kindle本が毎月一冊無料で読める
  • プライムビデオで映像コンテンツ(映画・バラエティなど)観たい放題
  • Prime Musicで音楽聞きたい放題
  • 同居の家族を2人まで家族会員として登録可能
  • Amazonパントリーが利用可能
  • プライム・フォト(ストレージサービス)が容量制限なしで使い放題
  • プライム会員限定の割引価格で「Fireタブレット」や電子書籍リーダー「Kindle」が購入できる。
  • プライム会員は送料が無料(※2016年4月よりAmazonの配送料無料終了)

参考Amazonプライム会員の特典in2016・年会費3900円を無料にする方法・解約返金まとめ

Amazonプライムの最大のメリットは商品をすぐに受け取りたいときや、受け取れる時間を指定したいときに便利な、「お急ぎ便」(360円税込)、「当日お急ぎ便」(514円税込)、「お届け日時指定便」(360円税込)が、いつでも無料で利用可能な点です。

欲しい商品が当日のうちに届くなんて最高ですね。

動画コンテンツが見放題の「プライムビデオ」、音楽約100万曲が聴き放題の「Prime Music」はプライム会員だけの特権です。

すでにAmazonプライム会員のお客様がアマゾンカードゴールドへ入会すると、Amazonプライム年会費の未使用月分がある場合には、未使用月分の年会費をご登録のクレジットカードへ返金してもらえます。

Amazonプライムについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ

改悪後のリーダーズカードとアマゾンカードゴールドを比較してみましょう。

リーダーズカード アマゾンカードゴールド
年会費 2,500円
(50万円以上で翌年無料)
10,000円
(4,000円※へ減額可能)
Amazonプライム
利用時の総コスト
(プライム年会費+カード年会費)
初年度6,400円
次年度(前年50万以上)3,900円
次年度(50万円以下)6,400円
初年度10,000円※
次年度4,000円
Amazon還元率 1.32% 2.5%
一般利用還元率 1.1% 1.0%

※減額可能なのは翌年度以降、初年度は年会費10,800円。

Amazonプライム利用を前提に、Amazonのサービスをフル活用するにはアマゾンカードゴールドがとても魅力的に見えます。

Amazonはプライム会員にこれでもかというほど、有益なコンテンツを開放しています。以前のプライム会員のそれとは比べ物にならないほど。

カード自体のサービスではなく、それに付随するサービスの拡充が大幅に拡充されている点で、アマゾンカードゴールドは今後もどんどんその価値を増していくのだと思います。

PRAmazon MasterCardゴールドのお申込みはこちら

              
スポンサーリンク

「リーダーズカード改悪後のAmazon利用で最もオススメなクレジットカード考察」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る