NTTドコモ「dポイントカード」の特徴・メリット・貯め方・入手方法まとめ

 0   266   3     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

photo by shutterstock
photo by shutterstock
スポンサーリンク

携帯電話利用料金などに応じて貯まる「ドコモポイント」が新たに「dポイント」として2015年12月よりリニューアルされました。

私はドコモユーザーではありませんが、このdポイントを利用することができるのでしょうか。dポイントにはどんなメリットがあるのか、調べてみました。

dポイント・dポイントカードの種類と特徴

「dポイントカード」は加盟店で提示することにより、店頭やネットショッピングでポイントが貯まる・使えるようになります。

img_3979s-1

dポイントカード機能を持つカードは4つの種類があります。

  • ポイントカード機能を持った「dポイントカード
  • ポイントカード機能+クレジットカード「dカード (旧名称:DCMX)
  • ポイントカード機能+電子マネー「iD」が利用可能なサービス「dカード mini (旧名称:DCMX mini)
  • ポイントカード機能+プリペイドカード「dカードプリペイド

「dカード」「dカード mini」「dカードプリペイド」の場合はカードの提示に加え、支払いでもポイントを貯めることができます。

dポイントカードとは?どこで手に入るの?

買い物の際に加盟店で提示すると100円につきdポイント1P(1%)のポイントが貯まります。

全国のローソン(約11,000店舗)などのdポイント加盟店(一部店舗を除く)や、全国のドコモショップ(約2,400店舗)で配布されています。

2016年12月現在ローソンとポインコのコラボデザインのカードが配布されています。おそらく2017年1月末までの限定配布なので是非ローソン店頭でゲットしてください!

dsc0176767

ポイント付与 100円につきdポイント1P
ポイント有効期限 獲得月から48ヶ月後の月末

貯まったdポイントは、dポイント加盟店店頭などでのお買い物に1ポイント1円(税込)として使うことができます。

発行手数料 無料
カード発行場所 全国のローソン(約11,000店舗)などのdポイント加盟店
全国のドコモショップ(約2,400店舗)などで無料配布予定

おさいふポンタは店内端末「Loppi」で手続きしたりと操作が必要ですが、dポイントカードはあとからネットから手続きを行いますので、この時点では特に面倒な店頭手続きはありません。

d-card-haihu_mini

ちなみにdポイントカードは1人につき3枚まで所有することができます。後述のクレジットカード「dカード」は一人1枚です。

よって1アカウントにつきdポイントカード3枚とdカード1枚が上限となります。

IMG_3975a

「dカード」とは?

2015y11m24d_151501349

dカードはクレジットカード・ポイントカード・電子マネー「iD」の3つの機能が一体となったカードです。かつての「DCMX 」が名称変更となりました。

dカード dカード GOLD
初年度年会費 無料 10,000円(税抜)
次年度以降年会費 年間1回以上のショッピング利用があれば
次年度も年会費無料(ETCカード含む)
利用がない場合本人は1,350円(税込)、
ETCは540円の年会費(税込)
10,000円(税抜)
家族会員初年度年会費 無料 1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)/枚
家族会員次年度以降年会費 年間1回以上のショッピング利用があれば
年会費無料
ない場合、432円(税込)
 同上
ポイント獲得 利用:100円につき1ポイント
国際ブランド VisaまたはMasterCard

カード利用では100円につきdポイント1P貯まりますが、dポイント加盟店では提示でも100円につき1ポイントが貯まります。加盟店での還元率は2.0%ということになります。

PRdカードの詳細はこちら>>>

その他詳細は下記記事で確認してください。

現DCMXユーザーはカは、カード番号を変更せずにdカードに切り替えることが可能です。

「dカード mini」とは?

ドコモのおサイフケータイ機能を搭載した携帯端末を利用していれば、クレジット会社と契約をすることなく電子マネー「iD」を利用できるサービスが「dカード mini」です。かつての「DCMX mini」が名称変更となりました。

dカード mini」と謳っていますが、カード形態はありません。(提示ポイント獲得はなし)

上限額は1万に設定されていて、自身の意思で増枠することはできません。(ドコモ判断で3万円に引き上げてもらえるケースはあるらしいです)

「dカード(クレジットカード)」は三井住友カードが審査を行いますが、「dカード mini」はクレジットカードではないので審査などはありません。

利用分は携帯電話の利用料金と一緒に引き落とされます。

DCMX mini(旧) dカード mini(新)
ポイント付与 なし 利用額200円(税込)に対してdポイント1P付与

これまではDCMX miniを利用してもポイントは貯まりませんでしたが、新サービスでは利用額200円(税込)に対してdポイント1P付与されます。

dカードプリペイドとは?

si-dp-01

dカードプリペイドは国内外のMastercard加盟店と全国「iD」加盟店で利用できるプリペイドカードです。年会費、発行手数料も不要です。

プリペイドカードとして支払いができる機能に加え、「dポイントカード」のポイントカード機能も一体になっています。

dカードプリペイドのお申し込みには、以下の条件があります。

  • NTTドコモ携帯回線契約者でかつdアカウントを持っている
  • 12歳以上(中学生以上)

つまりdカードプリペイドを所持できるのは「ドコモの回線契約をしている12歳以上の方」ということになります。非ドコモユーザーでは申し込みができません。

参考申し込みはこちらから

カードの種類まとめ

dポイントカード dカード・dカード GOLD dカード mini
カード提示によるdポイント獲得 あり あり なし(カード形態でない為)
クレジット決済によるポイント進呈 なし
(クレジット機能なし)
あり
(100円につき1ポイント)
あり
(200円につき1ポイント)
発行場所 全国のローソンなどのdポイント加盟店全国のドコモショップ 公式サイト 「dカードアプリ」または「iDアプリ」

dポイントクラブ登録が不可欠

2015年12月より「ドコモプレミアクラブ」は「dポイントクラブ」へと名称が変わります。

アクションや契約状況応じて上位ステージへランクアップし、進呈されるポイントが多くなります。

dポイントをネット照会するためには「dポイントクラブ」の登録が不可欠です。

ドコモの回線契約が無い場合、2015年12月以降、WEBサイトにてdアカウントを発行できます。

既に現「docomo ID」をお持ちの方は、自動でdポイントクラブに移行となります。

所有しているドコモポイントはdポイントとして引き継がれます。

              
スポンサーリンク

dポイントクラブのステージアップ条件

ステージアップには具体的には下記の3つの条件があります。

  • 毎年12~5月および6~11月の6か月間に獲得したdポイントの総数
  • 毎年5月末および11月末時点の回線継続利用期間(ドコモ回線契約者のみ)
  • クレジットカード「dカード・dカード GOLD」の契約
レギュラー ブロンズ シルバー ゴールド
半年間のポイント獲得数 600ポイント未満 600ポイント以上 3,000ポイント以上 10,000ポイント以上
ドコモ端末・インターネット長期継続利用 10年以上 15年以上
クレジットカード保有者 dカード dカード GOLD

ステージ適用期間は毎年1月~6月および7月~12月の6か月です。一年に2回ランクの変動があります。

ドコモユーザーでなくともどんどんポイントを獲得していけばステージアップしていきます。

ただしdカード・dカード GOLDの取得時はステージ判定時期に限らず即時反映されます。dカードならブロンズ以上、dカード GOLDなら最高位のゴールドステージが確定です。

すぐにステージを上げたいのであれば「dカード・dカード GOLD」の新規契約が手っ取り早いですね。

dポイントはどうやって貯める/使える?

dポイントの貯め方は主に下記のようにまとめられます。

ドコモユーザー  ドコモケータイ・ドコモ光の利用による獲得
 dカードユーザー  クレジットカードでの決済
全ユーザー dポイント加盟店でお買い物時「dポイントカード」提示
加盟サイト・加盟店でのdケータイ払いプラス決済
dマーケットの利用
 JALマイル・Pontaポイントをdポイントへ移行
 クレジットカードや会員カードなどを発行する対象会社のポイントdポイントへ移行移行

ドコモケータイ・ドコモ光の利用による獲得

ポイントは最上位ランクのゴールドを除き、利用金額1,000円につき10ポイントです。

ゴールドステージは1,000円につき100ポイント!還元率にすると10%!

クレジットカードの利用で貯める

最もdポイントを効率的に貯める方法として「dカードの利用」がおすすめです。

効率的に貯めやすい理由はこちらの記事で確認ください

dポイント加盟店でお買い物で貯める

IMG_534138

まずdポイント加盟店をチェックしておきましょう。

店頭でdポイントが貯まる/使える加盟店は下記です。

2015年12月(サービス開始当初) ローソン・マクドナルド(都内のみ)
 2016年 BLUE SKY・イオンシネマ・タワーレコード・オリックスレンタカー・ルネサンス・伊達の牛たん本舗

dポイントが貯められる(使うことはできない)加盟店

2015年12月 日本航空・ぐるなび・一休.com・宇佐美・ショップジャパン

加盟サイト・加盟店でのdケータイ払いプラス決済

dケータイ払いプラス」は、dケータイ払いプラスに対応したサイトでのお買い物時に、ご利用いただける決済サービスです。

買い物の代金を月々のケータイ料金と合わせて支払いできます。

クレジットカードのお支払いに限られますが、ドコモ以外の方でもdアカウントがあれば利用可能です。もちろんdポイントは貯まり/使えます

こちらもdポイント開始に合わせて新たに始まるサービスです。

dケータイ払いプラスで支払った金額に応じてdポイントが貯まります。

また、dケータイ払いプラスに対応したサイトでは、商品等の代金のお支払い時に、dポイントを1ポイントから1ポイント単位で利用できます。

dケータイ払いプラス加盟店のネットショッピングでdポイントが貯まる/使える加盟店

2015年12月 DHCオンラインショッピング・SHOPLIST.com by CROOZ・mu-moショップ・ソニーストア・TOWER RECORDS ONLINEなど14社
2016年1月 らでぃっしゅぼーや
2016年3月 ショップジャパン
2016年6月 JINSオンラインショップ・PLAZA Online Shop

dマーケットで貯める

dマーケットは下記のサービスが提供される総合サイトです。

ショッピング・電子書籍・旅行・音楽のダウンロード・ファッションなど様々なサービスが集約されています。

dポイントを貯めたり・使ったりするサイトとして今後一層サービスやコンテンツが増えていくのではないでしょうか。

Pontaポイント・JALマイルからの移行で貯める

dポイントは、Ponta(ポンタ)と相互交換ができるようになります。

Ponta加盟店のケンタッキー、GEO、昭和シェル石油などのローソン以外のPonta加盟店でもポイントが使えるようになります。

既にリクルートポイント⇔Ponta⇔JALマイルと巨大なポイント勢力が出来上がっていますので、ここにdポイントも加わる形になります。

dポイントカードの利用方法

ローソン店頭で利用するには会計前にカードを提示すればOKです。

img_3979s-1

100円につき1Pが貯まります。

IMG_3965a

お買い物で貯めたdポイントを利用する場合は会計前に「支払いにdポイントを利用します」と申し出ましょう。

その後タッチパネルでポイント利用を承認するだけです。

早速朝の買い物時に貯まったポイントを使ってみました。

IMG_398s3

dポイントカードのdポイント利用者情報登録

dポイント利用者情報登録はしなくてもポイントは貯めたり・利用したりできます。

インターネットでポイントを管理したり・キャンペーンに参加したり・他ポイントへ移行したりする際にはWEBでの手続きが必要になります。

dポイント利用者情報登録の登録前に「dアカウント(旧:docomo ID)」を作る必要があります・

ですから新規の方は「dアカウント作成」→「dポイント利用者情報登録」の流れになります。

参考https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi7/id/menu (dアカウント作成)

SNSのアカウント情報を利用すればあっという間にアカウントができます。

docomo IDがある人は自動で引き継がれていますのdocomo IDでログインすればOK。

2015y12m01d_121117349

参考http://dpoint.jp/touroku/ (dポイント利用者情報登録)

登録自体はとても簡単です。5分程度あれば簡単に終わる内容です。

手元に登録したいdポイントカードをご用意ください。

2015y12m01d_121423311

電話でも登録可能です。

dポイントカスタマーセンター:0120-208-360
登録受付時間AM9:00~PM8:00

              
スポンサーリンク

「NTTドコモ「dポイントカード」の特徴・メリット・貯め方・入手方法まとめ」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る