楽天Edyの「いつでもEdyチャージ」と「オートチャージ」の解説。

スポンサーリンク

 4   280   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

photo credit: VINSO Photographie L'envolée II via photopin (license)

楽天Edyの「いつでもEdyチャージ」と「オートチャージ」というチャージ方法があります。

この2つのチャージ方法を詳しく解説したいと思います。

楽天Edyの「いつでもEdyチャージ」とは?

いつでもEdyチャージとは、あらかじめ楽天カード会員様専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」でチャージ額を設定しておくと、お好きな時に楽天Edyで受け取ることができます。楽天カードが必須です。

img_01976

手順

  1. 楽天e-NAVIでその都度の入金額を決めておく(初回のみ)
  2. ファミリーマートかサークルKサンクスの店内端末を操作
  3. 店内端末に楽天Edyをかざしてチャージ完了

残高が少なくなったら、また上記のコンビニで手続きをすれば、最初に決めた額が同様にクレジットカードチャージされます。受取は、1日1回で次回の受取は、翌日正午頃より可能となります。

いつでもEdyチャージは楽天カードが必須ですが、チャージする楽天EdyはEdy-楽天ポイントカードでもOkです。もちろん楽天カードに搭載の楽天Edyにも設定できます。

2016y10m25d_182213644

設定額は3,000円、5,000円、10,000円のいずれかです。

受け取り方法

ファミリーマート・サークルKサンクスの店内端末
パソコン+パソリ
おサーフケータイ

チャージするEdyの受け取り方法はコンビニ以外でも可能ですが、個人的にコンビニで受け取ることが一番のメリットだと思っています。

何故「いつでもEdyチャージ」なんて面倒な設定をする必要があるの?

その答えは「楽天Edyさえあれば外出先でも残高をチャージできて、しかも楽天スーパーポイントを貯められるから」です。

楽天カードを使って楽天Edyにチャージすると、チャージ金額についても「カード利用獲得ポイント」の対象です。チャージ分も楽天スーパーポイントが貯まるんです。Edyチャージは200円ごとに1ポイントたまります。

楽天カードを使って楽天Edyをチャージするためには、下記のいずれかが必須です

  • 楽天Edyリーダー
  • パソリ(RC-S390)
  • その他パソリ
  • ファミリーマート or サークルKサンクスの店内端末

楽天Edyリーダー・パソリはパソコンが必須ですし、唯一電源を内蔵し外出先でスマホさえあればチャージが可能パソリ(RC-S390)であってもバッテリーが切れたら起動しません。

外出先で万が一楽天Edyの残高が少ない場合、楽天カードを使って確実にチャージする方法が「コンビニの店内端末」です。

大手コンビニであれば現金でチャージをすることも可能ですが、チャージ分も楽天スーパーポイントを得たい人には「ファミリーマート」か「サークルK」へ行ってください。

ファミリーマート(famiポート)で「いつでもEdyチャージ」の手続きをしてみました

あらかじめ楽天e-NAVIへログインし、その都度のチャージ額を設定しておきます。

自宅のパソコンで3,000円に設定し、今度は最寄りのファミマへGo!

ファミマの店内端末を操作し、「楽天Edyの受け取る」を選択します。(レジは一切介しません)

Edyカードはここです。

img_01996

楽天Edyの「オートチャージ」とは?

楽天Edyには「オートチャージ」というチャージ方法もあります。

これはファミリーマートで楽天Edy支払いをする際、支払い前の残高があらかじめ設定した金額以下の場合、自動で楽天Edyがチャージされるサービスです。楽天カードが必須で、こちらは受け取りが楽天カードの楽天Edyに限られます。

img_020689

手順

  1. 楽天e-NAVIで残高がいくら以下ならオートチャージするか設定する(初回のみ)
  2. ファミリーマートのfamiポートまたはパソリで設定反映の手続き(初回のみ)
  3. ファミリーマートのレジで楽天Edyで買い物をする
  4. 残高が設定額を下回るとオートチャージが発動

あらかじめ楽天e-NAVIでこんな設定をしておきます。

2016y10m25d_182814572

詳しい設定方法は下記ページをご覧ください

参考楽天カード オートチャージとは

オートチャージは楽チン!

オートチャージのメリットは初回設定後はチャージの手続きも店内端末の操作も一切不要です。ファミリーマートで楽天Edyを使って買い物をするだけで良いのでとても楽です。

ただし「ファミリーマートでの買い物」という条件があるので、他のコンビニなどで買い物をしてもオートチャージは発動しません。それが少し厄介ですね。

いつでもEdyチャージとオートチャージの違いまとめ

いつでもEdyチャージ オートチャージ
楽天カードの有無 必須 必須
受取の対象Edy 楽天ポイントに紐付けされたEdy全て 楽天カードの楽天Edyのみ
対応コンビニ ファミリーマート・サークルKサンクス ファミリーマート
コンビニ以外での受け取り パソリ・楽天Edyリーダーなども可能 不可
1日の限度 1日一回 設定した限度額に達するまで
1日の入金上限額 10,000円 25,000円
受け取り場所 店内端末やパソリなど ファミマのレジ(会計時)
              
スポンサーリンク

「楽天Edyの「いつでもEdyチャージ」と「オートチャージ」の解説。」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 280 名の方が feedly で購読中!

 負けたくないのでぽちっと投票お願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。
 最新情報のチェック&あとから読み直す

関連記事


スポンサーリンク

特集ページ@お金ブログ

▼▼「amazon.co.jp」の目次 amazon

▼▼共通ポイント「Ponta」の目次 Ponta

▼▼電子マネー「nanaco」の目次 nanaco

▼▼「楽天」の目次 rakuten

▼▼「イオン」の目次 aeoncard
ページ上部へ戻る