外資系企業で求められる英語スキルと転職時面接でよくある英語での質問まとめ。

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

-shared-img-thumb-0I9A853115070150spk_TP_V
スポンサーリンク

外資系企業ではどの程度の英語スキルが必要?

外資系企業と言えば気になるのが英語スキルですが、顧客や上司も日本人率が多い日本支店に勤務するとしても必須なのでしょうか。

会社の方針や所属部署、役割でも変わってきますが下記のような理由が上げられます。

  • 日本支店でも上司が外国人の可能性がある
  • 将来的に出世したければ必須スキルである(会議が英語のため)
  • 海外の本社とのメールや電話は英語が基本が多い(通訳はいない)
  • 社内書類やメールも英語の場合がある
  • 海外転勤の可能性がある

というように、コミュニケーションスキルの基礎としてある為、やはり最低限の語学力は身につけておくべきですね。

相手の言っている事や、書類に書いてあることを理解でき、相手に伝わる程度には話せる力は必要ということのようです。

具体的な英語レベルとはどれくらいなのか

大手の外資系企業でみるとリーダー層では確実にTOEIC800点~900点くらいの英語力をもっています。

実際にTOEIC800以上は持っていなければ昇格できないという審査項目もあるくらいで、会社も英会話スクールやTOEIC試験の費用を負担したりと語学教育に力を入れているところもあります。

つまりそれくらいの語学力があれば、言葉の壁にイライラすることもなく仕事ができるということのようです。

しかし、派遣社員だったり事務だったりと簡単なやりとりのみで良いポジションの場合はTOEIC600点~700点くらいでも問題ないようです。

英語力もですが、仕事の能力の方が大事とする外資系企業もある為、採用後してから必要な語学力を付けて行けるように会社がフォローする体制の場合もあります。

具体的な職種への求められるTOEICスコアの目安は大体このくらいのようでした。

              
スポンサーリンク

TOEIC900点 ITコンサルタント、外資顧客向けコンサルタント、シニアマネジャークラス
TOEIC850点 プロジェクトマネジャークラス、マーケティング部、外資海外部門営業リーダー
TOEIC800点 外資事務部門管理職クラス
TOEIC750点 外資マネジャークラス
TOEIC650点 外資人事部
TOEIC600点 外資派遣社員、経理

あくまで目安です。

英語力はコミュニケーションのための土台

求人募集の段階で最低限のTOEICのスコアを求める外資系企業はとても多いですが、例えば留学していた、英語のある環境で育ったなど実際にスコアは無くても英語でのコミュニケーションに全く問題がないとされる人物の場合はTOEICは気にしないとしているところもあります。

外資系が本当に必要としているのはTOEICのスコアではなく、ビジネスの現場で周囲と問題なく話せる英語力があることです。

管理職になれば尚更ですが、目安としてTOEICスコアを活用しているようでした。

外資系の面接担当者によれば、求人募集に「TOEIC750点以上」と書いてはいるものの実際は「英語ができれば尚良いという意味で、入社してからそのレベルまで勉強して持って行ければいい」というものでした。

なので、語学力については企業によりけりなので、仕事力に自信があればとりあえず応募してみるののいいかもしれません。

英語力は環境で身につけられる

外資系の日本支店に入社して、足りない英語力をひたすら休日に勉強して語学力を磨くのは大変です。

だとしても昇格のチャンスが出てきたときにTOEICスコアで足を引っ張ることになってはどうしようもありません。

英語は得意ではないけれど、今後もずっと外資系で働いて行きたいと考えているのであればいっその事、一度海外支店の方に転職してみて英語環境に浸かる時期を1年くらい作るのも良い手かもしれません。

自然と語学力とコミュニケーションスキルが身に付く他にも海外文化に触れる機会がぐっと増えて、外資系企業で働く際の違和感は払拭されるかもしれません。

そして日本支店に戻る際の審査では、海外支店から動くとなると英語力には問題ないとされTOEICなどは何ら気にされずに動けます。

以前は不安だった英語や外国人上司、文化の違いに戸惑う事無く自信と余裕を持ってスタートを切る事ができるでしょう。

外資系でも日本支店で転職した場合、上司も同僚も日本人率が高いでしょう。顧客も国内企業がほとんどのため実際に使う言語は日本語がメインとなります。

しかし、昇格して各支店会議に出る際にもともと英語が得意でないまま能力が評価されて採用となった方が、「言いたい事が言えないなんて、議論も出来ないようでは日本人は仕事はできないと思われかねない」と悔しい思いをしたという話を聞いた事がありました。

その人は海外支店に身を投じて英語を身につける事に成功したそうですが、外資の国際的会議の場では「質問力」の高い人間が主導権を握れるとのお話でした。

求められる英語でのコミュニケーションスキルは、上へ行く程レベルの高いものであることは間違いないでしょう。

Bizmatesでオンラインでビジネス英会話を学ぶ

パソコン上で学べるオンライン英会話は「DMM英会話」を始め、様々な企業が参入していますが、「Bizmates」ではビジネスシーンでのコミュニケーションをあらかじめ想定した英会話を学ぶことができます。

Bizmatesは、単にビジネス英会話を学ぶのではなく、グローバルな環境において日本人がビジネスで成果をあげるために最も不足、かつ必要不可欠なスキルであるビジネスパートナーとして信頼関係を築くために必要なコミュニケーションスキルを学べる日本人のためのプログラムをご提供します。

シンプルで分かりやすい価格体系も魅力的です。月額12,000円(税込)のプランで毎日25分の受講すれば、一回のレッスンは387円です。月額料金で毎日受講できるので、本気で取り組みたい人にとっては大変お得です。

一日25分のプランなら、忙しいビジネスマンでも利用しやすいと思います。

トレーナーも受講者が自由に選ぶことができます。

まずは無料会員して、「無料体験レッスン」を受講してみてください。

外資系面接時よくある質問集

ここからは外資系面談でよく聞かれる質問を集めてみました。

英語で聞かれる場合と、日本語の場合があるのでどちらも準備して行くといいでしょう。

企業によって予想できる質問などもあるでしょうからまずは定番の質問の対策をして、さらにその会社らしい質問を「自分がそこの人事担当者になったつもり」で考えてみて答えを考えておくと安心です。

面談で英語と聞いて、不安になる方も多いかと思いますが担当者もそこに完璧は求めておりませんので、お互いが理解できる最低限の知識として捉え、会話が成り立つように準備していこうというくらいで良いかと思います。

Tell me about your self.
(あなたについて教えてください)

自分の能力や経験がどのように会社で活かせるかを話すといいでしょう。

自己紹介の部分でも使われますので1分くらいで簡潔に話せるように練習すべきです。

最初の方で聞かれることが多く、あなたの英会話の程度も軽くチェックしています。

自分を売り込む際に、日本人にありがちな”謙遜”は外資面談においてはする必要はありませんので、自信のあるところは大いにアピールしていきましょう。

What are your strong point?/How about your weaknesses?
(長所?短所を教えてください)

長所にもなりうる短所、短所にもなりうる長所を具体的に述べるといいかもしれません。

例)集中すると周りが見えなくなるぐらい没頭してしまうところがあり、そこが長所であり短所でもあります。

Why would you like to work for us?
(なぜ我が社を選んだのですか?)

志望動機の部分は面談の肝になりますので、必勝回答が欲しいところです。

「具体的に」なぜこの会社を選んだかを伝え、「なるほど、だからウチを選んだのか」と相手に納得してもらうところになります。

多数の同業他社が存在する中でその企業を選んだのですから、企業の強みやウリをしっかり掴んで話すのが大切です。

任せる仕事や社内文化の特性上、内容も論理的で建設的なものが好まれます。

What are you short goals?/long goal?
(あなたの短期的/長期的目標は何ですか?)

ここはこの会社での将来的目標を話しましょう。

この会社で何を得てどうなりたいのかを分かりやすく伝えられるように準備します。

目指す目標をはっきりさせることで、どう動いていくのか計画をたてることができます。

短期的はその日のうち~1ヶ月以内くらいのイメージで、中期的が3ヶ月~半年程度、長期的で1年後くらいのスパンで計画していくほうがスピーディな外資では適しているように感じました。

How do you handle criticism to you?
(批判を受けたらどうしますか?)

一緒に働くメンバーはハッキリと「No」が言える人が多い職場です。

提案したものがことごとくNoと言われたり、日本人に多いクッション言葉を入れたり、柔らかくして批判するフィルターなどは一切なしでストレートに批判をうける機会もあるでしょう。

そのときどう受け止めて、どう動くのかというあなたの能力が問われます。

ポジティブで建設的な答えが好まれます。

Do you work well under pressure?
(プレッシャーの下で働けますか?)

スピード感ある環境下で常に個人成果を求められ、評価される為、プレッシャーは人一倍かんじることが多いです。

企業は背負うものや圧が大きいなかでもパフォーマンスしていけるタフな人間を求めています。

この辺りで「残業」についてどう考えるかも問われる場合もあるようです。

What is the most difficult assignment you have completed?
(今までで一番苦労したプロジェクトは何ですか?)

あなたがその仕事のどこに大変さを感じ、どのように困難を乗り越えていくのかを感じさせるエピソードがあるといいです。

Why wold you like to leave your job?
(なぜ転職したいのですか?)

キャリアアップをしたい、やりがいがありそう、目標があるなどポジティブな返答をしましょう。

Do you have any questions?
(何か質問はありますか?)

最後に質問はあるかは必ず聞かれます。

何も質問しないことは興味が無いのだと判断されがちなので何か質問できるように準備していきましょう。

例えばその企業のこれからの方向性や自分の希望するポジションについてなど、集めてきた企業情報の中から「企業も聞かれたいし、自分も聞きたい!」というものをチョイスして質問すると好印象だと思います。

例えば、このポジションに必要な能力で特別なものなどはあるのかなどは意欲を感じます。

定番のものを並べましたが、よく企業の情報収集をして採用担当者にあなたの魅力がより多く伝えられるように準備していきたいですね。

              
スポンサーリンク

「外資系企業で求められる英語スキルと転職時面接でよくある英語での質問まとめ。」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る