エクストリームカードのメリットはポイントの現金化と還元率。メリット・特徴まとめ

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

photo by shutterstock
photo by shutterstock
スポンサーリンク

エクストリームカード(Extreme Card)はジャックスカードが誇る人気カードで、実はANAの陸マイラーにとっては持っておくべきカードの一枚でもあります。

今回はその特徴やメリットをまとめてみます。

エクストリームカードのメリット

2016y02m15d_144039774

時間がない人用:エクストリームカード(Extreme Card)のメリットまとめ

  • ポイントの使い道(移行先)がとにかく多い
  • ポイントを現金に換金することができる
  • ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)とセットでANAマイル還元率がトップクラス
  • Gポイント交換時、1.5%の還元率
  • 宇佐美のガソリンスタンドで、ガソリン給油で1リットルごとに2円引き、サービス・商品購入は3%OFF
  • 交通系電子マネー「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージでも最大1.5%の還元
  • 前年度のカードショッピング利用合計金額が30万円以上の場合、本人・家族会員ともに次年度は無料

PRエクストリームカード(Extreme Card)の詳細をみる

ポイント移行で利用用途は様々

エクストリームカードを持つメリットを一言でいうと、ショッピング利用によて貯めたクレジットポイントを多彩な交換先ポイント・マイルへと移行できることです。

エクストリームカードその為には、一旦Gポイントへポイント移行する必要があります。

エクストリームカードは、毎月のカードショッピング利用合計金額1,000円(税込)ごとにExtreme Cardポイントが10Pたまります。

Extreme Cardポイントは2,000ポイント以上、2,000ポイント単位で交換できます。

交換先はまずは2つ。

1つがJデポ。

デポジット」というカードショッピング利用分からの「値引き」として利用することが可能です。

こちらは貯めたポイントを移行せずに直接Jデポに交換する場合です。還元率は1.25%。

もう1つが「Gポイント」にポイント移行する方法です。

こちらの場合、還元率は1.5%。お得にカードを活用したい方はこちらになってくるかと思います。

Gポイントはいわゆるポイントサイトで、サイト内で商品やサービスを購入・利用したり、ゲームをしたりすることでGポイントが貯まる仕組みです。

貯めたGポイントは提携するポイントやマイルなど様々なポイントへ移行させることができます。しかもほとんどが等価交換なので移行させてもポイントが目減りすることはほぼありません。

Gポイントから様々なポイントに移行できる=エクストリームカードはポイント移行が多彩ということが言えます。

主な移行先を紹介しておきます。(2016年2月時点・まれにレート変更されますのでご注意ください)

 メトロポイント(東京地下鉄株式会社)  等価交換
 nanacoポイント(株式会社セブン・カードサービス)  等価交換
 Suicaポイント(東日本旅客鉄道株式会社)  等価交換
WAONポイント(イオンリテール株式会社) 等価交換
リクルートポイント(株式会社リクルートホールディングス) 等価交換
Amazonギフト券(Amazonギフト券) 等価交換
Tポイント(株式会社Tポイント・ジャパン) 等価交換
ネットショップビックカメラ.com(株式会社ビックカメラ) 等価交換
dポイント(株式会社NTTドコモ) 等価交換
au WALLET ポイントプログラム(KDDI株式会社) 等価交換
ジャパンネット銀行(株式会社ジャパンネット銀行)  減:500G⇒400円
楽天銀行(楽天銀行株式会社)  減:1,000G⇒800円
スルガ銀行Gポイントクラブ(スルガ銀行Gポイントクラブ)  減:500G⇒400円
Edyギフト(楽天Edy株式会社)  減:500G⇒430円
QUOカード(株式会社クオカード)  減:650G⇒500円分
 iTunes Digital Code(iTunes Store)  増:490G⇒500円分
 ミニストップギフト券(株式会社ギフティ)  増:98G⇒100円分

これらをみると、 iTunesでつかえるギフトコードに交換するのがお得です!

ポイントを現金化することも可能

若干レートは落ちますが、ジャパンネット銀行・スルガ銀行Gポイントクラブ・楽天銀行のいずれかをお持ちなら、ポイントを現金化することも可能です。(上記表参照)

クレジットカード利用で貯めたポイントを現金化できるなんて他ではなかなかないと思います。

ANAマイルを効率よく貯めるには不可欠なカード

マイラーの間ではもはや有名な裏技的手法ですが、エクストリームカードとソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)、この2つのクレジットカードを組み合わせるとANAマイルをとても効率的に貯めることができます。

このエクストリームカードを使えば、Gポイントを直接ANAマイルに交換することができますが、それですと、レートはGポイント10ポイント⇒5マイルです。

そこでGポイント⇒ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)のメトロポイントへ移行させ、その後メトロポイントをANAマイルに交換したほうが断然効率は良くなります。

流れは、「Extreme Cardポイント⇒Gポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」です。

還元率でいうと1.35%、100円につき1.35マイルが貯まる計算になります。還元率1.5%のGポイントがANAマイルに変えても還元率1.35%というのはANAカード(一部ハイグレードカード除く)を使うよりも実は断然優れた数字です。

ANAカードはポイントをマイルに変える際に移行手数料などの名目で年間数千円の手数料が発生します。この方法なら移行に関しての手数料を徴収されることはないので、無料です。

              
スポンサーリンク

条件を満たせば年会費が無料になる

エクストリームカードの年会費は初年度が無料、次年度は本会員3,000円(税別)・家族会員400円とちょっと割高です。

でも安心してください。

前年度のカードショッピング利用合計金額が30万円以上の場合、本人・家族会員ともに次年度は無料となります。

年間30万円を12ヵ月で割れば月25,000円ほどです。

ケータイ代と電気代、プロバイダー料金を合わせたぐらいの額じゃないでしょうか。決して難しい条件ではないので、メインカードとして使っていこうという方なら年会費の心配をする必要はなさそうです。

PRポイント還元率最大1.5%「Extreme Card(エクストリームカード)」

宇佐美のガソリンスタンドでの値引き

宇佐美のガソリンスタンドでエクストリームカードで支払いをするとハイオク・レギュラー・軽油がいつでも1リットルごとに2円引きになります。灯油は1リットルごとに1円引きです。(カード請求時に値引きされて請求されます)

また給油以外のタイヤ・オイル・バッテリー・カーケア用品・カーケア作業の支払いは一律3%OFF!

これらの割引に加えて、さらにエクストリームカードのポイントが最大1.5%還元されるわけですから宇佐美のSSを日頃使う方が持ってもアリです。

「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージでポイントがもらえる

交通系電子マネー「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージでも最大1.5%の還元がされます。

例えば10,000円エクストリームカードでチャージすれば、1,500円分のGポイントが還元される仕組みです。

このように電子マネーにチャージして、キャッシュバックがあるカードは大変珍しく重宝されています。

もし「モバイルSuica」「SMART ICOCA」を現金でチャージしている方は、チャージ分の1.5%を毎回見過ごしていることになります。通勤通学などでよく交通系電子マネーを利用されている方は、持って損のないカードです。

エクストリームカードのデメリット

少なからずデメリットもあります。ぜひ覚えておいてください。

年会費無料条件を満たせなかったときのリスク

先にも紹介しましたが、年会費は本会員3,000円(税別)と高めです。

無料にするためには年間利用合計30万円以上が条件です。

確実に30万円を超える利用が見込めるならば問題は全くありません。ぎりぎりで不安な方は別の年会費無料のカードを考えたほうが賢明かもしれません。

カードの国際ブランドはVISAのみ

クレジットカードの国際ブランドは「VISA」のみです。他に選べません。

でもはっきりいってVISAブランドで使えないような場所はほとんどないかと思いますので、あまり気にするようなことじゃないかもしれません。

特にANAの陸マイラーには必須のカードです。年会費の条件をクリアしている方は迷わず申し込んでくださいね!今ならカード請求時値引き枠「Jデポ 」最大3,300円分もらえます

下記からどうぞ

PRジャックス「Extreme Card(エクストリームカード)」

              
スポンサーリンク

「エクストリームカードのメリットはポイントの現金化と還元率。メリット・特徴まとめ」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る