外資系企業で働くメリットとデメリット。一見給与は高いが将来の不安を拭えない現実。

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

pexels-photos
スポンサーリンク

外資系企業といえど、母体の国がどこかや企業や業種が何なのかなどによって文化も異なってきます。

その中でも比較的どの外資系企業にも共通するところが多いメリットとデメリットを上げていきたいと思います。

良いところも悪いところも知った上で、働く方が精神衛生上割り切っていけるようになるため目を通してみましょう。

外資系企業のメリット

  • 給与が高い
  • 男女や年齢の差別が無い
  • 結果を出せばスピード昇格と昇給が可能
  • 国際色豊かな優秀人材と一緒に働ける
  • 海外転勤がある
  • 語学力アップ
  • 自主、自立、創造を大事にしてる
  • 上下関係がフラットでドライ
  • オン/オフがハッキリしている
  • 服装が洗練される
  • クリスマスパーティーなど家族を招待できるイベントがある

上昇志向の人にはぴったりな環境

プライベートや自己研鑽も大事、グローバルな環境で自分の能力を常に評価されつつ、常に刺激を受けて活躍していきたい人にはとても魅力的なラインナップになりましたね。

給与に関しては誰もが一番ワクワクするところで、結果を出していけば国内企業の何倍もの早さで昇給と出世をしていきます。

成果主義体質で国内企業によくある年功序列体質ではないため、自分の力を試したい人や早くキャリアを積みたい人には好都合です。

その代わりに成果がだせないと給与ダウンや降格もあっという間なので気をつけましょう。

              
スポンサーリンク

女性にも平等にチャンスが与えられる

女性の社会進出が日本でも力を入れようと動き出したようですが、まだまだ序盤で環境整備中のように思えます。

その点、外資系企業では能力があれば男女も年齢も関係ありませんし、役員やCEOが女性のところも多数存在します。

国内企業はまだまだ男性化社会で、能力ある女性たちが正確な評価を受けられていない現状のところも多いようなので、平等に出世できるチャンスを与えられる外資系ならばキャリアウーマンにもってこいの環境が用意されています。

大手の外資の場合、国内企業では到底出逢うことが出来なかったであろう世界中のハイレベルかつ優秀なメンバーと働けるのも魅力の1つです。

優秀な上司やハイレベルな同僚と一緒に働いていくことで自然と自身のレベルアップに繋がります。

英語などの外国語も含めたコミュニケーションをとる機会も多く、語学力も格段に上がります。

              
スポンサーリンク

上下関係もフラット

転職理由でよくあげられる「上司との関係」についても、外資ではとてもフラットな環境が多く、すぐ側で上司が仕事をしているので、何かをやろうとしているときにすぐ相談&すぐ実行が可能です。

一緒に食事をしたり、フレンドリーな反面、仕事の返答も早く結果を上げるまでのスピード感が求められます。

上下関係もあっさりしていて、つき合いやすいのも特徴です。

いくつかメリットをあげましたが企業によってまだまだあるでしょう。

転職したい会社の現職者インタビューなどを見たりその道に精通している転職エージェントに実際のところはどうなのかを教えてもらうと最新の情報が見えてくるかもしれません。

外資系企業のデメリット

  • 入退職者の入れ替わりが多い
  • 成果主義だからスピード降格もある
  • 外国人上司・同僚と相性が合わない
  • 福利厚生が少ない
  • 会社に馴染みづらい
  • プロジェクトによっては長時間労働
  • リストラもある

将来の不安定さがつきまとう

スピード感溢れる職場で、仕事に付いていけなくなったり、入ってみたら環境に馴染めなかったりと転職を考える人も多く、常に人の入れ替わりがあります。

中でも成果主義でスピード出世したものの、その後成果が出せずにスピード降格してしまいプライドが大きく傷ついてしまうパターンや、上司との相性がどうしても合わなかったりと理由はいろいろです。

スピード降格のデメリットは一気に降格された上司が転職の道を選ぶために、自分の上司がしょっちゅう入れ替わることになり不安要素です。

更には外資系企業は国内企業よりも解雇について厳しい取り決めがないので、業績や成果などの理由でリストラができる部分に雇用の将来性の不安定さは伺えます。

日本のような手厚い福利厚生は期待薄

そんな中、高い給与に目がくらんで見落としがちなのが「福利厚生」のところです。

国内企業では充実しているところが目立つ中、なんと外資においては福利厚生自体がなかったり、内容が少ないところが多いです。

例えば家賃手当が無かったり退職手当がなかったりします。

給与だけでなく、福利厚生にも目を向けて全体的に企業を検討すると良いでしょう。

転職活動の期間は気持ち的にも焦りも生じて、見るべきところを見落としてしまうことがあります。

予め自分はどの部分は目をつぶれて、どの部分は譲れないのかを事前にチェックシートなどに書き出しておきそれに基づいて見ていく癖をつけておくと良いです。

働いていく上で、自分の中で最も重視するものは何なのかをしっかりと基軸として持つことがよい企業との出会いに繋がっていくかもしれません。

実際、外資系企業へ転職した方の体験談

夫が実際に外資系IT企業への転職を成功させたAさんより寄稿いただきました。

***

夫が国内IT企業から外資系IT企業に転職しました。

キャリアコンサルタントをしていたことから表面的な外資系企業については把握していたものの、実際夫が転職活動を経て入社し、企業文化に慣れて行く過程を側で見て行く中で生活的にも性格的にも大きく変化が出てきました。

我が家の場合は「早期キャリアアップ、家族が増えるので給与アップ、若いうちに外資コンサル企業で力をつけたい」という理由で、結婚し子どもが出来るころで夫はでキャリアチェンジを計りました。

新卒から勤めていた国内IT企業は、終身雇用で安定はしているものの、根強い年功序列精神から出世は長居目で見なければ見込めない上に仕事ができない人物を上司に持ってしまい、やりたい仕事に挑戦する機会もなく「もっとできる仕事があるのに」と毎日にメリハリがなくつまらなくなっていたようです。

激務と聞く外資系でしたが、裁量の大きい仕事を任されて、日々評価を受けて評価次第では早期のキャリアアップができ、給与も高いという仕事環境に魅力を感じていたようでした。

新卒採用で入った国内企業にお別れをして、28歳で外資系コンサル企業へ転職しました。実際入社してみて、前社と比較してみたら様々な部分で変化があったので参考までに記して行きます。

転職前:国内IT企業/新卒入社年収400万(ボーナス込み)

◎職場での労働環境

  • 平均19時~20時帰宅(就業時間としては朝9時~18時)
  • 完全週休2日制
  • お盆休み有り
  • クラブ活動あり
  • 新人研修充実
  • リストラはほぼない
  • 意味の無い会議が結構ある
  • 入社3年までは雑用やアシスタントが主なポジション

◎社内コミュニケーション関連

  • 仕事後の上司との飲み付き合いほぼなし
  • 上司や同僚の入れ替わり少ない(年に何人か)
  • 同期との交流あり

◎出世の傾向

  • 年功序列による出世
  • 1年ごとに少しずつ給与アップ

◎外見と内面について

  • 指示がメールだったり、パソコンと向き合うのみの為口数が少ない
  • スーツにネクタイの基本的なカッチリスタイル(オシャレには無頓着)

転職先:欧米系外資系コンサル企業/年収700万(年俸制ボーナスなし)

◎職場での労働環境

  • 平均24時帰宅(フレックスタイム勤務)
  • 完全週休二日制
  • お盆休みはないが、バケーションあり
  • クリスマスパーティあり
  • 研修なし、自己研鑽
  • TOEIC試験に毎月参加
  • 業績や成果によってはリストラもあり
  • 無駄な会議がない
  • 入社すぐから裁量の大きな仕事も任せてもらえる

◎社内コミュニケーション関連

  • 仕事後の上司との飲み付き合い月1回
  • 上司や同僚の入れ替わり多い(3ヶ月に1人くらいの印象)
  • 上司も部下もレベルが高い
  • 同期なし

◎出世の傾向

  • 成果次第でスピード出世が可能(逆にスピードダウンもあり)
  • 成果次第でスピード給与アップ可能(同上)

◎外見と内面について

  • コミュニケーションを重んじる社風の影響でよく喋るようになった
  • ネクタイ無しOK、夏はポロシャツもOK(オシャレに気を使う為服代アップ)

国内企業は無難で安定していましたが、「出る杭はうたれる」傾向があり仕事のやり方などに不満を頂きながらも、生活の為に信頼関係の築けていない上司の下で細々と地道に働いている印象でした。

それでも国内では大きい方の会社だったので、給与よりも細く長く定年を迎える日まで面倒をみてくれるというのは妻としては手堅いものに感じていました。

当時は共働きで子どもができても贅沢や欲を出さなければ十分生活もできるし、私自身産後もすぐ働こうと思っていたので夫が外資に転職したいと話してくれた際は、まずゆっくり考えるよう促しました。

しかし、みるみる表情が乏しくなる姿を見て、20代の体力気力があるうちに外資系に挑戦することを応援することにしました。

もしものときも、私も働いているので今なら転職~仕事に慣れるまで1年くらいはサポートできると判断したのです。

主人の場合は転職エージェントに登録し働きながら転職活動を開始しました。

約2ヶ月ほどで、幸運にも希望していた外資系企業へ3度の面接を経て採用決定となりました。

一番気にしていたのが文化の違いですが、意外にも性格や仕事のやり方がフィットしたようで緊張感ある中でも生き生きと働いています。

お陰で同時期に妊娠も発覚した私は、つわりが重かったこともあり主人に頼って仕事は早々にお休みさせてもらえました。

印象に残っているのが、イベントのクリスマスパーティです。

社員の家族全員が大手ホテル立食パーティに無料で招待されるのですが、大規模でびっくりしました。外国の方も日本の方も社員はレディファーストの方が多くとても紳士的で、気づけば主人も食事に出かけると自然とお肉を焼いていたり取り分けていたりとスマートに動いてくれるようになりました。

早くも2年が過ぎましたが、5年くらいこの会社で経験を積ませてもらえれば他の外資でも通用すると見なされ転職しやすくなります。

しかしその分、心身の疲労や緊張感は高いもので、ここでは若い内しか働き続けるのは難しいのではないかと感じました。

健康第一で職業人人生を送る為にも5年目くらいで一旦振り返りをして、このまま継続するかもう少し早く帰宅できるように転職するかなど家族で良い方向へ迎えるようにバランスを取って行きたいと思います。

***

決して外資系企業は国内(日本)企業の上位互換ではありません。

それぞれに良いところがあり・マイナス面も見えてきます。

「外資」という響きだけに左右されずに、自身の能力・性格・個性そういったものを見極めて、働きやすい環境を探してみる必要があります。

「外資系企業で働くメリットとデメリット。一見給与は高いが将来の不安を拭えない現実。」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る