住宅ローン借り換え時の審査通過の可能性を0.1%でも上げる行動・行為は?

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

0210kb2016_2_29
スポンサーリンク

借り換え審査のプラス材料になると思われる事項

住宅ローンの借り換え審査は当初からの返済が契約通りされていて、年収などの問題もなければ、基本的には審査通過は可能かと思います。

しかし申し込みをするあなたからすれば、審査がきちんと通ってスムーズに借り換えができるか不安に思うところです。

一方の銀行などの金融機関は、住宅ローン金利が非常に低く収益が薄い中で、住宅ローンをきっかけに他の取り引きと結びつけ総合的な取り引きで収益を確保したいと考えるでしょう。

そんな状況をある種利用して、借り換え審査のプラス材料になると思われる事項を上げてみたいと思います。

※あくまで本人の心象を良くする手段に過ぎず、どの程度効果があるのかは保証・検証できません。

給与受け取り口座として指定する

住宅ローンを借りる金融機関を給与の受け取り口座に指定します

「給与の受け取り口座」は毎月1度一定の金額が振り込まれ、家庭のメインバンクとして利用してもらえるというメリットがあります。

毎月少しずつでも口座に残高があることで、金融機関としては預金が運用に回せたり、今後の預金・ローン以外での取引で、という部分で期待を残すことになります。

公共料金やクレジットカード、各種自動引き落とし用口座として利用する

各種自動引き落とし口座として利用してもらうと、金融機関には相手先からわずかな手数料が入ります。金利が非常に低い中で金融機関としては手数料収入も大事な収入源です。

また、各種引き落としがあれば給与と同じくメインバンクとして利用してもらえる期待が高まります。これも預金の獲得が見込めるということです。

提携クレジットカードを申し込む

他社のクレジットカード引き落とし口座として利用してもらう、というのも金融機関にとっては良いことですが、自行提携クレジットカードであれば金融機関単体の収益だけでなく、グループ会社全体での収益が見込めます。

最近では年会費やカード発行手数料が掛からないクレジットカードも増えているので、作っておいて損はないかもしれません。

カードローンを申し込む

カードローンとはクレジットカードと違いショッピングなどで使うのではなく、ATMや窓口などで決まった極度額までであればいつでもお金が借りられるというカードです。

いつでも借りられるという商品であることから金利が10.0%以上のものもあり、反復して使い続けてしまうとクセになってしまい返せなくなるなど大変なことになってしまいます。

しかし、使い方によっては非常に便利なカードです。

例えば30万円を10.0%で10日間借りたとすると支払う利息は約821円となります。

ボーナスまであと10日くらいあるけれども急な出費となる場合などに、約821円だけの利息を払えばなんとかなると思えば1枚あると安心かもしれません。

一時的に利用するという目的であれば、少し高い金利でもあまり負担にはならないかと思います。

カードローンを契約してもらうと、金融機関にとってもプラスとなります。

まずはカードを持ってもらわないと始まらないという考えは当然ありますし、金利手数料を受け取れる他、借り換え後の金融機関はさらに他の金融機関に借り換えされるのを少しでも防ぐことができるからです。

このことからもカードローンを持っていると審査で(もしかしたら)プラスの材料になるかもしれません。

              
スポンサーリンク

申し込み人本人以外に家族でも口座を作っておく

家族でも口座を持つことによって金融機関は一家でメインバンクとして使ってもらえているという見方になりプラスの材料になります。

、小さいお子さんや中高生くらいのお子さんがいらっしゃれば住宅ローンと同時に今後の学資保険や教育ローンなどの申し込みも期待でき、金融機関は世帯から預金、融資、保険など総合的な収益が見込めます。

以上のようなことが住宅ローン借り換え時の審査にプラスの材料となることが考えられます。

『おたくの銀行とは昔から永く取り引きしている』感を前面に出す

融資の審査をする場合には永年の取り引きがあるかの期待感もポイントとしていますが、過去の取引の実績があれば、優良顧客として無碍(むげ)にできいない心情もあるでしょう。

ただ昔から口座を持っているだけで、預金取り引きが薄いとメインバンクとして使ってないことがすぐにばれてしまうので、余計なことは言わないほうが無難でしょう。

              
スポンサーリンク

「住宅ローン借り換え時の審査通過の可能性を0.1%でも上げる行動・行為は?」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る