外資系企業の特徴と求められる人材は?即戦力よりもヒューマンスキル重視?!

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

photo by shutterstock
photo by shutterstock
スポンサーリンク

外資系で求められているのはどのような人なのでしょうか。外資の持つ特徴に照らし合わせながら見ていきます。

外資系企業の特徴

外資系と国内企業では求人広告を比較すれば分かるように真逆の特徴があります。

例えば、国内企業は給与は低いが人材の離職率は比較的低く安定性があり、人事評価もプロセス重視で上下関係がしっかりしているところが多いです。

それに対し、外資系企業は給与は高いが離職率も高く、人事評価は成果重視ですが上下関係はフラットな社風が目立ちます。

昨今、女性の活躍を日本も訴えていますがその環境が整っているのはやはり外資のようで日本では少ない「有休消化率」もとても高いようです。

その代わり、福利厚生の部分では国内企業の方が充実しているようにも見えるので、自分のスタンスに合うのはどちらがいいかということでしょう。

国内企業から外資に一度転職してしまうと、もう国内企業に戻ろうとは思わないという話をよく聞きます。

最初は文化の違いやフラットな上下関係や仕事のやりかたなどに戸惑うことは間違いありません。

その中でも外資の魅力は何なのか考えてみました。

              
スポンサーリンク

1)給料が高い

外資企業にとっては、日本での支店展開のための人材確保はとても難しいものです。

その上、個人に任せる責任も大きいものなので、転職先として選んでもらえるように国内企業よりも高い給与を提示をしています。

外資系企業にとって日本支社とはビジネスチャンスの地と考えるところが多く、高い給与を出してでも能力の高い人材が欲しいのです。

2)短期間でのキャリアアップが可能

成果を出せば、勤続年数や性別年齢に捕われることなく、早い段階での昇格や給与アップが可能です。

その代わりに個人の担う仕事の裁量や責任は増えていきます。

キャリアを短期間で築きたい人にはチャンスの多い職場です。

国内企業で勤続年数を重ねて昇格していくという形でゆっくり構えるのも良いですが、自分の実力の程度を早々に実感し、プライドまでも砕いてくれる優秀な同僚や上司に刺激を受けて、仕事も精神的な部分も一気に急成長できるのも魅力です。

3)国際的な環境で活躍できる

国内企業では英検やTOEICを持っていても力を存分に発揮できる機会は多くないです。しかし外資はメールも会話もプレゼンも語学力が高い人に断然有利。上司や同僚にも外国人がいるので、自然と語学力やコミュニケーション能力が上がります。

4)年齢よりも実力重視

人材募集の際に国内企業に多い年齢の縛りが外資の中途採用にはあまり見られません。外資の中途採用の場合、すぐに能力を発揮し活躍してくれる「即戦力」人材を求めているので20代だろうが40代だろうが年齢に縛られることは少ないようです。

5)洗練された人になれる

外資系の会社に面談に行くとオシャレな人が多いことに気づきます。欧米系の上司は洗練された服装の人を好むのでこの環境に入れば自然とオシャレ上級者への道も拓けていくように思えます。

国際化社会となった今、外資系企業の多くはグローバル事業展開をしているのも将来性が感じられる点も魅力のうちです。

しかし、メリットだけに目を向けずに、自分が採用後に置かれるであろう仕事のポジションや、そこから予測されるキャリアビジョンとその企業自体の将来性(日本から撤退しないか、自分は海外転勤も可能か)なども考えておくと不測の事態にも焦らず対応ができそうです。

 外資系企業が求める人材

タフでチャレンジ精神のある人

外資系の仕事のスピード感についていける人。

国内企業と異なり、まず仕事を進めてみて考える、ダメならやり直すなど臨機応変かつ柔軟な対応が求められます。

新規開発事業や開発に携わったり、常に結果を出していくことを求められるプレッシャーを背負うことを始めプロジェクトによっては長い時間拘束される日もあります。

さらに外資で一緒に働くであろう仲間にはモノをハッキリ言うタイプが多いのも特徴なので、精神的にも体力的にもタフでないと持たない現状はあります。

外資では日本支店でビジネスを切り拓いていかなければならないので、「やってみたい!」と思ったことを叱咤激励されつつ自ら発信し実行していくチャレンジャーは必要です。

自立している人

自分で仕事を見つけられる人、いちいち指示を出さなくてもすでに先読みして動いているような人。

更には仕事に対するモチベーションや自分の能力をしっかり管理できるようなセルフマネジメントがしっかりできるというのも欲しい人材に共通します。

自己管理方法といえば「PDCAサイクル」が代表的手法ですよね。

Plan(目標を決めてそれを達せする為の計画や予算を決める)、Do(目標を達成する為に実施する)、Check(目標と結果を把握して、実施内容を評価する)、Action(評価内容をもとに原因を見つけて改善し、また計画を練る)というものです。

その中でうまく自分なりの息抜き要素(ご褒美など)も取り入れていくのが、日々繰り返される自己管理を円滑に保つコツです。

時間と体調管理が出来る人

同時に多くの仕事を進行していく中でのタイムマネジメント力は外資系企業で必須能力です。

自分の仕事に責任と時間感覚を持ち、体調管理もしっかり出来る人が好まれます。

仕事に支障がないよう調整し、早く帰れそうな日は帰るように自分で管理できる能力は自分を守ることにも繋がります。

リーダーシップのある人

指示を受けたときに「こうしたらいいと思いますがいかがでしょうか」と言える力も必要です。

一般企業では指示を受けたら「分かりました」と受け身になりがちなところですよね。

急募求人で中途採用となった場合のプロジェクトでは、転職早々にリーダーシップを発揮しなくてはならない場合も多くあります。

アーサーティブコミュニケーションを鍛えてお互いに良い関係の状態で意見を伝えられる能力は活かされます。

リーダーシップのある人は、上司も頼りにしやすく仕事を任せていく上でも責任感があるので成果を期待できます。

語学力がある人

ポジションにもよりますが、外資系で最低限の語学力は必須項目ではないでしょうか。

TOEICでのある程度の点数も出世に関わるものになったり、メールやプレゼンテーション、会話など活躍の場はあります。

大切なコミュニケーション能力の一つとして見られるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

多国籍な職場な上にバラバラ年齢、年下上司に年上部下と、国内企業よりも様々なタイプのメンバーが集まってきているのも外資系の特徴の一つです。

そんな中で周りとコミュニケーションを取りながら仕事を進めていける能力はとても大切になってきます。

このバランス感覚がある人間は外資系にもっとも必要で語学力と同じレベルで求められている必須要素になります。

一緒に働きたい人

外資でも国内でも共通してくるところですが、最終的には面談で「この人と一緒に働きたい」と思われるかどうかです。

履歴書の段階で求める専門知識や語学力、学歴や経験は押さえられているので面談で見たいのは人柄や価値観になってきます。その上で「一緒に働きたい」と思われた人が採用されるのです。

なので企業研究を深め、その企業の落としどころのツボやキーワードを押さえ、面談で自分の言葉に変えて話せるようにしていくと好印象です。

面談を担当する上司の好みも影響してくるでしょうから、どんな傾向があるのかなどは専門の転職エージェント担当者に確認して臨みましょう。

              
スポンサーリンク

まとめ

外資系企業に求められる人物像を見てみると、スピード感ある仕事環境で上記を満たす為には仕事を遂行する中で落ち込んだり、悩んだりしている時間はないように思えます。

完璧主義だったり頑固に押し進める仕事のやり方では通用せず、ハッキリと周りから飛んでくる様々な意見を受け止めながら、丁度いいところをみつけつつ「まぁいいか」くらいの気持ちでサクサク進めるくらいの性分であるほうが馴染んでいけそうです。

良い意味で楽観的な人が、人脈を築きながらキャリアを積んでいけるところなのかもしれません。

「外資系企業の特徴と求められる人材は?即戦力よりもヒューマンスキル重視?!」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る