LOFTカードのメリット・デメリットまとめ。毎月店内全品10%OFFで買い物をする方法

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

person-woman-relaxation-girl
スポンサーリンク

皆さんご存知「LOFT(以下ロフト)」は調理器具・バス用品・インテリア雑貨からカバン、文房具その他の最新トレンドアイテムが手に入ります。

ロフト利用するなら「LOFT」が発行する「LOFTカード」をもっておくとお得です。

「LOFTカード」が選ばれる理由やポイント還元率、カード審査情報(審査は厳しい?甘い?)、評判はどう?(高い?悪い?)など、クレジットカード申し込み前に知っておきたい情報・疑問を徹底調査します。

ロフトで店内全品10%OFFで買い物をする方法

ロフトで店内商品どれでも10%OFFで購入できる方法が2つあります。

毎月最後の金・土・日の3日間にLOFTカードを使って1,000円以上(税抜)の買い物をする
年数回のLOFTカード会員優待期間に買い物をする

2015y07m29d_154301043

              
スポンサーリンク

どれくらいお得か計算してみよう

とても単純な計算です。

10%OFF期間中に10,000円の買い物をLOFTカードで支払いするとします。
割引で10,000×0.9=9,000円
1,000円のお得(還元率10%)

当たり前ですけど、還元率1.0%のカードと比較すれば、その差は10倍です。

下の表はロフト(10%OFF期間中)での利用金額と支払カードによってどれだけお得に買い物ができるのかを一覧にしたものです。

還元率1.0% 還元率2.0% LOFTカード
1万円利用 100円 200円 1,000円
5万円利用 500円 1,000円 5,000円
10万円利用 1,000円 2,000円 10,000円
20万円利用 2,000円 4,000円 20,000円
30万円利用 3,000円 6,000円 30,000円

例えば新生活を始めるにあたって、最低限必要なもの(家電除く)を揃えようとしても最低10~20万円くらいはかかると思います。

そうなってくると還元率2.0%いう業界最高峰のリクルートカード(現在募集停止)でもロフトカードの方が8,000円もの差が出る計算になります。もちろん今使っているカードの還元率が2.0%より低い場合はさらに損をすることになります。

僕は1つ1つのものを吟味して購入する派。

100円ショップでももちろん揃えられます。でも100円で買ったものってやっぱり100円程度のクオリティがないので、私は正直好きじゃないです。

逆に少し値の張る商品でも自分が満足して買った商品は、私は「大切に長く使わなきゃ」「ちゃんと活用しなきゃ元が取れない」という意識が芽生えるんで、結果大切に長く使います。

調理器具1つをとっても、今どんな商品が流行っているのか・新しい商品の新機能などを調べながら1つ1つ1つ吟味して揃えていくのって楽しいと思います。そういった商品が揃えられるのは100円ショップよりもLOFTですよね!

LOFTカードはどう使えばお得か?

candle_terra-cotta_hires

LOFTカードのポイント。

LOFTカードはゼゾン系のカードですのでカード利用で「永久不滅ポイント」が貯まります。その名の通り「不滅」ですので交換忘れ、期限切れなどでポイントが無駄になることはありません。

また家族とポイントを合算できる「ファミリー合算」を利用すれば効率的かつ合理的にポイントを貯めて還元させることができます。

最低ラインでは永久不滅ポイント200PでAmazonギフト券 1,000円分と交換できます。その他にも様々なポイントに移行させることが可能です。

LOFTカードのお得な使い方

還元率が低いなら「使わない」のがお得なんです。

他の還元率の優れたカードで普段使いして、「毎月最後の金・土・日の3日間中心のカード」にしちゃいましょう。

還元率は低いですが毎回毎回LOFTで使っている内に少しずつポイントが貯まってきます。ポイント期限がないので案外知らないうちに結構ポイントが貯まっているなんてこともあると思いますよ。

永久不滅ポイントは使い道・移行先が豊富なので使い道で困ることはないと思います。

欲しいものがあればリストにしておき、我慢しましょう。月末にまとめ買いする癖をつけましょう。

これが私のおススメするLOFTカードの使い方です。

              
スポンサーリンク

さらに西友・リヴィンで食料品もお得に買える

毎月5日と20日、西友・リヴィンでセゾンカードを利用すると、食料品から衣料品まで5%OFFになります。

請求時に割引となります。一部除外店舗・商品があり。

自炊を始めれば食料品も買わなければなりませんので、お得に買い物をしたいというなら毎月5日と20日だけは西友・リヴィンでLOFTカードを使って買い物をしましょう。

LOFTカードの国際ブランドは何を選ぶべき?

LOFTカードはVISA、マスターカード、JCB、アメリカンエキスプレスの四種類からブランドを選べます。

その中で年会費が必要なカードはアメリカンエキスプレスだけ。他は永年無料です。

VISA・MasterCard・JCB アメリカンエキスプレス
年会費 年会費無料 3,000円
付帯保険 なし 最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯

それらのブランドを選べば年会費を気にする必要ありません。

もしこれから申し込みをするという人は「JCB」にしましょう。

店頭での申し込みは損!インターネットから申し込みで2000円分のポイント

インターネットからの申し込みで永久不滅ポイント400ポイント(Amazonギフト券換算時2,000円分)もらえます。これは店頭で申し込みはダメです。

LOFTカードは流通系のクレジットカードといえます。カードを取得してお店での買い物を促進してもらう狙いのありますから、審査は通りやすいと考えて差支えないでしょう。主婦の方・学生の方も気軽に申し込みをしてみてください。

「LOFTカードのメリット・デメリットまとめ。毎月店内全品10%OFFで買い物をする方法」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る