法人カード「オリコビジネスカードGold」の特徴・メリットまとめ

 0   266   0     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

SAYA072162920_TP_V
スポンサーリンク

今日はオリコの法人カード「オリコビジネスカードGold」を紹介したいと思います。

オリコカードの中で「法人・法人代表者向けのカード」としては、上位のカードとなります。

「オリコビジネスカードGold」が選ばれる理由や、クレジットカード申し込み前に知っておきたい情報・疑問を徹底調査します。

オリコビジネスカードGoldの特徴

カードの発行は最大20枚!個人単位の経費をチェックできます

法人がカードを利用するメリットの1つは、なんといっても経費管理の透明化です。

オリコビジネスカードGoldは社員向けのカードを20枚まで発行することができます。しかもカードごとに明細書を確認できるので「今月、だれが、いくら使ったのか」を瞬時に把握することが可能です。

また1法人あたり10万円~1,000万円の総利用可能枠が与えられますが、1枚ごとにカード利用枠を設定可能です。各社員の利用状況を見ながら、支出をある程度コントロールできます。

オリコビジネスカードGOLDで空港ラウンジを利用できる

オリコビジネスカードGoldで国内16の主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジを利用できます。

オリコでは4種類の法人カードが発行されていますが、その中で空港ラウンジを利用できるカードは唯一「オリコビジネスカードGold」となります。

個別ソファなどに腰を掛け、ドリンクサービス、新聞・雑誌の閲覧が可能です。場合によっては軽食が提供されるラウンジもあります

その他ビジネスマンにはうれしい、コピー機・FAX・無料インターネット(無線LANサービス)、電源コンセントなども利用できるケースも多いです。

空港内に併設されたカフェなどは、人の出入りが意外と多くてなかなか集中できないものです。

空港ラウンジを利用できれば、空き(待ち)時間も簡単な打ち合わせや、資料作りも快適に作業できるかと思います。

ETCカードも無料で発行可能

会社で営業車を利用しているなら、ETCとETCカードは必須アイテムといえます。

ETCを搭載していれば、ETC割引(走行する時間帯によって通行料金が割引になるサービス)を利用することもできます。後日利用履歴などを調べる際にも役立ちます。

オリコの法人カード「EX Gold for Biz S iD×QUICPay」との違いは?

以前紹介したオリコの法人のゴールドカード「EX Gold for Biz M iD×QUICPay」と「オリコビジネスカードGold」の違いを比較してみます。

EX Gold for Biz M iD×QUICPayについては下記の記事でも紹介しております。

EX Gold for Biz M iD×QUICPay オリコビジネスカードGold
申し込み対象 法人代表者 法人
初年度年会費 無料 キャンペーン期間中につき無料
(2016年4月1日~2016年9月30日)
次年度以降年会費 2,000円(税別) 2,000円(税別)
発行可能上限枚数 3枚 20枚
ショッピング利用可能枠 10万円~300万円 10万円~1,000万円
(カード使用者の総利用可能枠)
電子マネー iD、QUICPay MasterCardコンタクトレス
※おサイフケータイならiD、QUICPayも利用可
ポイントサービス 暮らスマイル なし
国際ブランド VISA・Mastercard Mastercard

オリコビジネスカードGoldは、申し込み対象が「法人」であることや、カードの発行枚数が上限20枚、総利用可能枠などをみても、中規模的な企業向けのカードと言えます。

EX Gold for Biz M iD×QUICPayは逆にかなり小規模な法人向けです。

カード申し込みに際してのカード審査も、法人対象である以上、EX Gold for Biz M iD×QUICPayよりも「法人としての信用情報」が重要視されるかと思います。

「法人カード「オリコビジネスカードGold」の特徴・メリットまとめ」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る