新生「楽天Edy&楽天ポイントカード機能付き楽天カード」のメリット・使い方まとめ

 0   266   1     あとで読む   feedlyで購読  はてブする

girl-1031308_1920
スポンサーリンク

2015年12月、最新の楽天カードがリリースされました。

旧タイプの楽天カードは楽天Edy搭載の楽天カードです。

そのカードにさらに「楽天ポイントカード(旧名称:Rポイント)」機能が搭載された、つまり「楽天カード+楽天Edy+楽天ポイントカード」という楽天ユーザーにとっては最強の三位一体型カードです。

2015y12m19d_06284125399

今後新規に発行される楽天カード、楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天カードアカデミーの全てに楽天ポイントカード機能が搭載されています。

この最強楽天カード(ノーマル)の使い方を総まとめしてみました。

1.楽天カード(クレジットカード機能)の使い方を徹底分析・メリットまとめ

1.年会費が無料

楽天カードは、カードの所持に一切お金が掛かりません。

カード発行料、年会費ともに無料です。

年会費は「永年無料」ということなので、今後も有料になることはないでしょう。

2.カードブランドは3種類

楽天カードは、申し込み時にカードブランドを自分で選ぶことができます。

VISA/Mastercard/JCBから選べます。

3大ブランドから選べますので、国内外を問わず様々なジャンルのお店で利用できます。

クレジットカードの初心者の方であれば、どのブランドも国内で使う分には不自由なく利用できますので、どれを選んでも問題ありません。

しかし当ブログでは楽天カードはJCBをゴリ推ししております。その理由は下のリンク先をご覧ください。

簡単に言いますと、JCBブランドだけがnanacoチャージで楽天スーパーポイントを貯めることができます。

この裏ワザを使うと、自動車税など普段クレジットカードでは決済できないものが実質クレジットカード払いが出来て、しっかりポイントもゲットできます。

3.ポイントが貯めやすい・使いやすい

楽天カードの最たる特徴は、ポイントが貯まりやすいということです。

楽天市場では通常ポイント還元率が1%です。100円利用ごとに楽天スーパーポイントが1P付与される計算です。

さらに楽天市場で楽天カードを利用するといつでもポイント4倍!

その他にも「〇〇万ポイント山分けキャンペーン」「楽天大感謝祭」などキャッシュバックキャンペーンが頻繁に行われているので、楽天スーパーポイントをとにかく集めたい人にとっては、やはりナンバーワンのカードです。

私も楽天市場内外を問わずバンバン使ってます。

2015y11m12d_110200550

新規入会のキャンペーンを頻繁に行っており、時期を見計らって申し込みすれば、カードを作るだけでも大量のポイントをゲットすることができます。

通常は入会ポイントは5,000ポイントですが、8,000ポイント程度に増量キャンペーンを不定期で行っています。

当然8,000ポイントに増量されている時期を狙って加入した方がお得ですよね!

いつ増量のキャンペーンが行われているかを簡単に知るには、テレビCMをチェックしてください。増量キャンペーン中はCMもたくさん流れていますから!

              

4.海外旅行の傷害保険が付帯している

楽天カードは年会費無料のカードでありながら、旅行保険が付帯しています。

海外旅行の決済に楽天カードを利用すると、最大2000万円の補償が受けられます。

注意すべき点としては、こちらは利用付帯なので、支払いに利用して初めて効力を持ちます。

最大2000万円というのは死亡・後遺症に対する補償金額です。

他にも海外旅行で心配な、携行品に対する補償や疾病・傷害の治療費、疾病や傷害に対する補償も可能です。

5.あんしん制度が充実

年会費無料のカードはセキュリティが甘いのではないか、と心配する方もいるかもしれません。

楽天カードなら、安心してカードを利用できる制度がたくさん用意されています。

・カード利用お知らせメール
カードご利用額を毎月メールでお知らせしてくれます。

明細書が届く前に確認できるので、万が一、不正利用されてしまった場合も自分で気づくことができます。

・商品未着あんしん制度
楽天市場でのお買い物に限り、商品が届かずショップとも連絡が取れなくなった際に、請求を取り消してもらうことができます。

そのほか、
・ネット不正あんしん制度
・カード盗難保険

不正利用を補償する、2つの制度が用意されています。

以上のように楽天カードは、年会費無料でありながら、お得で充実したサービスが盛りだくさんのカードです。

6.街での利用でもポイントが貯まる

楽天カードを使えば楽天市場だけでなく、実店舗の利用でもポイントを貯められます。

基本的には100円に1ポイントです。街の加盟店で楽天カードを利用すると、ポイント2~3倍になります。

ガソリンスタンドやメガネ屋さん、引越し屋さんなど、暮らしに便利なお店がたくさん加盟していますから普段利用している店舗が加盟していないか確認してみましょう。

特にポイント2倍となるENEOSサービスステーションでは、楽天カードだと100円につき2ポイント得られます。還元率は2.0%。

7.楽天市場のランク会員はカード保有で優待サービス

楽天会員にはランクがあり、レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイアモンドと購入金額や購入回数、獲得ポイントの各ランク条件を満たすとランクアップしていきます。

ゴールドランク以上でかつ楽天カードを保有していると無料でガン保険に加入できる優待もあります

2015y07m24d_113948674

保険加入に必要な結構状態の告知についても下記の通りです。

2015y07m24d_114148239

一年定期の保険ですが、保険の事を考え出す良いきっかけになるかもしれません。

是非ゴールド以上の方はお試しください。

女性はもちろん、男性でも楽天PINKカードがお得でおすすめ

私は男性ですけど、楽天PINKカードを使っています。

IMG_4285df

その理由は下記の記事で説明しております。

ぜひご覧ください。

楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる

楽天Edyへ楽天カードを使ってチャージすると、200円チャージごとに楽天スーパーポイント1Pが貯まります。

さらに、「Edyチャージでポイント山分けプレゼント」といった企画が不定期で行われています。

こういったキャンペーンを利用してポイントを稼ぐ方法もあります。

詳しい楽天Edyの使い方やチャージ方法については次章で詳しく説明していきます。

              
スポンサーリンク

楽天edy(電子マネー機能)の使い方を徹底分析・メリットまとめ

IMG_22ssd116

楽天Edyの特徴

楽天Edyは、どこでも税込200円ごとに、楽天スーパーポイント1Pが貯まります。

還元率0.5%です。

この数字だけ見ると、楽天edyを使わずに、普通にカード決済した方がお得な気もします。

しかしその他のツールと組み合わせて利用することで還元率がさらにアップします。

還元率をアップする方法を説明する前に、楽天Edyのチャージ方法をご紹介します。

現金でのチャージ

現金でのチャージはコンビニ各社の店頭で現金でのチャージの旨を伝えると、チャージ分の現金と引き換えに、電子マネーをチャージできます。

クレジットカードでのチャージ

ここで重要なのはクレジットカードを利用したチャージです。

クレジットカードを使って楽天Edyにチャージすると、ショッピング利用同様にクレジットポイントが貯まるクレジットカードがあります。

例えば楽天カードならチャージ200円につき楽天スーパーポイントが1P獲得できます。

このように楽天Edyへのチャージでもポイントを稼ぐことで、還元率も跳ね上がります。

ポイントの2重取り・3重取りにはクレジットカードによるチャージが欠かせません。

詳しい説明はこちらの記事をご確認ください

上記のページではRポイントカードに搭載された楽天Edyをチャージして得する例として様々な種類のクレジットカードを挙げていますが、楽天カードに搭載された楽天Edyへクレジットカードチャージ可能なのは楽天カードだけです

ここが少しややこしいのでご注意ください。

楽天Edy搭載Rポイントカード 楽天Edy搭載楽天カード
楽天カードによるチャージ
その他のクレジットカードによるチャージ ×

ご家庭で楽天Edyへクレジットカードチャージをする際には、「FeliCaポート」・「楽天Edyリーダー」・「パソリ」のうちどれか1つが必要です。

その中でも価格が安く(1,800円程度)、使いやすいのは「楽天Edyリーダー」です。

IMG_3170sss

さらに楽天edyを快適に利用するために「パソリ(RC-S390)」を購入しました。これなら外出先からでもiPhoneを使って簡単に楽天edyにチャージできます。

クレジットカードチャージ+楽天Edy+楽天ポイントカード提示でポイントの3重取り方法

では楽天Edyを使ゥメリット、ポイントの多重取り方法を説明しましょう。

例えば楽天カードを利用してサークルKで買い物をする場合。

  • 楽天カードを使って楽天Edyチャージで200円につき楽天スーパーポイント1P獲得
  • 楽天Edy決済で200円につき楽天スーパーポイント1P獲得
  • 楽天カード(ポイント機能付きカード)提示で100円につき楽天スーパーポイント1P獲得

このチャージ・決済・提示という3つのステップでそれぞれポイントを獲得できます。

この場合還元率は2.0%になります。

さらにお得ポイントとしましては、サークルKサンクスの会員サイト「+K」に登録後、毎週火曜日に買い物すると、提示獲得ポイントが2倍になります。

              
スポンサーリンク

楽天ポイントカード(ポイントカード機能)の使い方を徹底分析

※2015年11月より「Rポイントカード」の名称が「楽天ポイントカード」へ変更になりました。

DSCF9161

楽天ポイントカードのメリット・デメリット

楽天ポイントカードをもつメリット・デメリットをまとめてみました。

  • コンビニやガソリンスタンドなどの楽天ポイントカード加盟店での買い物時に楽天スーパーポイントを貯められる
  • 現金の代わりに楽天スーパーポイントで支払いが出来る
  • 貯めたポイントは楽天市場はじめ楽天グループのサービスと楽天ポイントカード加盟店で使える
  • 期間限定ポイントも実店舗で使える(優先的に使用される)
  • キャンペーンでもポイントが貯まる

次はデメリットです

  • 楽天キャッシュは店頭で利用できない
  • 店頭ポイント利用時は50ポイント以上でないと使えない
  • 利用登録済の楽天ポイントカード紛失した場合、カード情報を削除すると2度とそのポイントカードは利用できなくなる(利用一時停止は可能)
  • 不正利用された場合の補償はなし

不正利用・紛失・盗難に関しては一切楽天側では対応してもらえません。

つまり3つが1つになっている分、かさ張らないのがこの新生・楽天カードの良いところなんですが、仮に紛失してしまうと取り返しのつかないことになりかねないデメリットがあります。

楽天ポイントカードの基本的な仕組みと使い方

基本ルールを確認しましょう。

楽天ポイントカード加盟店の会計時に、ポイントカード機能付き楽天カードを提示すると100円または200円(税抜)につき楽天スーパーポイントが1P貯まります。

加盟店ではさらにお手持ちの楽天スーパーポイントが利用できます。期間限定ポイントも利用できます。

ポイントを利用して決済した分に関してもポイントが加算されます。

DSCF9122

楽天ポイントカード+楽天カード決済でポイントを稼ぐ

会計時楽天カードで決済すると100円につき楽天スーパーポイント1P付与されます。

例えば1,000円の買い物をする場合(楽天ポイントカード提示100円で1P付与の加盟店の場合)

楽天ポイントカード提示で獲得できるポイントは10P、さらに楽天カード決済で10P、合計20Pが獲得できます。

つまり楽天ポイントカードの提示+楽天カード決済の組み合わせで100円につき2Pが獲得できます。

この場合の還元率は2.0%です。

サークルKサンクスのお試しクーポンでさらにお得

楽天ポイントカードとサークルKサンクスのK会員に登録すると「K会員お試しクーポン」というサービスが受けられます。

こちらがかなりお得な還元率なんです。

サークルKサンクスの店頭にある端末で、欲しい商品を選択してクーポンを発行します。

そこに記載されている、必要な楽天ポイントを使って、飲料やお菓子などと交換します。

例えば、350mlのビールだと70ポイントで交換できます。
定価は200円以上なので、かなりお得な交換レートだということが分かります。

ここで便利なのが、楽天ポイントカードは期間限定の楽天ポイントを使えるということです。

楽天カードでたくさんポイントを貯めたけれど、期間限定ポイントが中途半端に余っている…。

という場合に、K会員お試しクーポンがおすすめです。

特に”ポイント○倍セール”の時には、アップした分のポイントが期間限定ポイントということが多いですよね。

お菓子であれば50ポイントほどでも交換できるものがありますので、楽天ポイントを文字通り「使い切る」ことができます。

以上のように、楽天カードは様々なシーンでポイントを貯めることができるお得なカードです。

楽天会員の方はもちろん、加盟店の中でよく利用する店舗がある方は、是非作ってみることをおすすめします。

曜日別ポイントアップキャンペーンまとめ

ポイントカード機能付き楽天カードで得をするのは、火曜・金曜・土曜日です。

HP上でキャンペーンエントリーする必要があります。

対象 内容
「+K」と紐付けされた楽天ポイントカード&アプリ 「+K」に登録後、サークルKサンクスで楽天ポイントカード&アプリを提示して買い物すると、ポイント2倍
楽天ポイントアプリ 累計1,000円以上(税抜)お買い物&アプリ提示でポイント2倍
全楽天ポイントカード・アプリ 累計1,000円以上(税抜)お買い物&カード提示でポイント2倍

旧楽天カードからの切り替え方法は?

旧タイプのカードからの切り替え方法は3つです。

メリット デメリット
カード切り替えの手続きをe-naviから申請 簡単
カード到着早い
手数料1,000円
カード番号が変わる
カードの有効期限が切れて、新しいカードが到着するまで待つ 無料
カード番号は同じ
最長5年くらい待つ可能性
一旦カードを解約して新たに申し込む 無料 手続きが面倒
再度入会審査で落ちる可能性
入会ポイントはもらえない
カード番号は変わる

私はe-naviから手続きを行いました。

まずはe-naviへログインをします。

TOPページ右上の「お客様情報」をクリック

右側メニューの「各種お申込み」

2015y12m18d_170715585

「楽天ポイントカード機能付き楽天カードへの切替」を選択

2015y12m17d_163109559

住所に間違いがないか確認の上、「送付依頼する」で手続き完了します。

2015y12m17d_163159743

3-7日程度で新しいカードが到着します。

IMG_4292rt8

楽天カードの解約方法

解約に際してはカード番号と暗証番号が必要になります。

楽天カードの解約手続きは、電話で行います。ネットでの解約手続きは出来ませ。専用ダイヤルに電話をかけて下さい。自動音声ガイダンスに従って、解約の処理が行われます 。

0570-66-6910(営業時間9:30〜17:30)上の番号で繋がらない場合は、
092-474-6287(営業時間9:30〜17:30)

※楽天Edyの残高を使い切ってからカードを処分してください。解約後でも利用可能です。

解約後新たに申し込んだカードはカード番号が異なりますのでご注意ください。あ

              

「新生「楽天Edy&楽天ポイントカード機能付き楽天カード」のメリット・使い方まとめ」
いかがでしたでしょうか?
役立ちましたら「シェア」お願いします

 現在 266 名の方が feedly で購読中!

 ツイッターに最新記事が届きます!

 最新情報のチェック&あとから読み直す
 この記事のシェアにはテキストリンクのHTMLタグご活用ください。ご自由にコピペしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る