クレジットカード無くてもAmazonプライムの登録は可能!d払いやAmazonギフト券で支払いしよう

                            

クレジットカードを持っていない人でもプライム会員になる方法

特典満載の「Amazonプライム会員」になるために、あったら便利なものは「クレジットカード」です。

クレジットカードがあれば、会費の支払いがスムーズに行なえます。

現在「Amazonプライム」の年会費はいくら?

Amazonプライムは、有料サービスです。

Amazonプライムの支払いコースは「月間プラン」と「年間プラン」の2つのコースが選べます。

月間プラン年間プラン
契約期間1か月単位(自動更新)1年単位(自動更新)
会費月額500円年額4,900円(月額換算約408円)
1年間契約した場合計6,000円計4,900円

はっきり言って、1度Amazonプライム会員になってしまうと、便利すぎて一般会員には戻れないので(個人の感想)、私は最初から年間プランで契約した方が良いと思います。

年間プランの方が1年で1,100円お得です。

有料会員になる前に、30日間の無料会員期間があります。この期間ならほぼすべてのAmazonプライムの特典を満喫することができます。

無料体験期間が終わると、自動的に有料のAmazonプライム会員へ切り替えとなります。

辞めたくなったり、会費を払う価値がないと思えば、「無料お試し」はいつでもキャンセル(解約)できます。

Amazonで使うなら「Amazon Mastercardクラシック」がおすすめ

Amazonで使うなら個人的におすすめなのは「Amazon Mastercardクラシック」です。

Amazonクラッシックカード

プライム会員が利用すると、Amazonでのポイント還元率がアップします。

  • Amazon Mastercardクラシック
    Amazon利用時通常1.5%⇒プライム会員2.0%にアップ

しかもAmazonで定期開催される「ポイントアップキャンペーン」(タイムセール祭りと同時開催)では、さらにポイントアップができた出来ます。

「プライム会員」+「Amazon Mastercardクラシック」+「Amazonのアプリ」の組み合わせで7%のポイント還元が受けられます。

Amazonクラッシックカード
参考アマゾン「ポイントアップキャンペーン」ルール解説!最大7.5%還元5,000ポイントを得る方法は?

5日間のビッグセール: Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催決定 今年はブラックフライデーとサイバーマン ...

続きを見る

プライム会員とAmazon Mastercardクラシックの組み合わせは抜群です!

参考Amazonマスターカードクラシックの特徴・メリットまとめ。最大2.0%還元!【2020年最新】

Amazonで使うとお得な「Amazon MasterCard クラシック」を申し込んで使ってみましたので、レビューして ...

続きを見る

Amazonギフト券で会費の支払いができるようになった

昔はできなかったんですけど、いつの間にかAmazonギフト券でAmazonプライムの会費の支払いができるようになってました。

クレジットカードがない方は、Amazonギフト券でよし!

簡単だし、安全だし、これ以上言うことなし。

コンビニで売ってるタイプのギフト券なら、「バリアブル」という金額を自由に選べるタイプがおすすめです。

バリアブルタイプのアマゾンギフト券

コンビニのレジでこのギフト券を持っていって、「額面4,900円でお願いします」といえば、ちょうど1年間分になります。

もちろん定額タイプでも問題ないです。残りはAmazonの買い物で使えます。

Amazonギフト券3000円/5000円/10,000円/20,000円

もっとお得にこだわるのなら、「Amazonチャージ」で購入するのがおすすめです。

一般会員(非プライム会員)では、最大2%分のポイント還元が受けられる購入方法です。

具体的な手順は下記で解説しています。

参考1分でわかるチャージ方法

ドコモとauの携帯決済も利用可能

携帯決済を利用すると、Amazonでの商品購入代金を月々の携帯料金と一緒に支払うことができます。

Amazonで利用できるのは「docomo (d払い)」と「au (auかんたん決済)」です。

参考Amazonでの携帯決済設定方法

Amazon Student登録ではVisaデビットカードでもOK

一方の学生向けのプライムサービス「Amazon Student」ではクレジットカード、au WALLETプリペイドカードの他に、「デビットカード」も認められています。

参考デビットカード(デビット機能)の特徴・使い方まとめ。クレジットカードと何が違う?

デビットって何?クレジットカードとは何が違う? まずはこの3つの違いを簡単に説明しておきます。 キャッシュカード 銀行口 ...

続きを見る

デビットカードはクレジットカードとは異なり、銀行口座の預金残高以上の利用はできない仕組みです。またカード決済額は口座から即時引き落としとなりますので、お金の管理がしやすいメリットがあります。

デビットカードは15歳※以上であれば所有をすることが可能です。(※カードによって申し込み年齢は若干異なります)

セブン銀行デビットカードの使い方
参考セブン銀行のデビットカードのメリット・使い方まとめ。セブン銀行通帳アプリとセットで使おう!

セブン銀行の「デビットサービス」、結構便利です。 正式には「セブン銀行のデビット付キャッシュカード」と呼ばれていますが、 ...

続きを見る

 

こんな記事も読まれています

                

                    

キーワードで知りたい情報が探せます

                        
                    

SNSでこの記事を紹介して下さい!

 ポチッとクリック後「貼り付け」してみて!(SNS投稿に便利!)
ブログタイトルとURLをコピーする
    
 ブログでご紹介大歓迎!このページのテキストリンク生成用
                

おすすめ記事一覧

1

現在開催されているアルペングループオンラインストアのセール情報・割引情報をまとめてみました。 アルペングループオンライン ...

2

今回は「DMM電子書籍」でこっそりマンガを購入する方法を紹介したいと思います。 DMM電子書籍を買ってみた【手順解説】 ...

3

誕生日特典があるファミレスチェーン店 デニーズ「バースデーパンケーキ」 デニーズでパンケーキをもらう手順をまとめました ...

4

海外ドラマ面白いですよね!私は「ウォーキング・デッド 」に夢中です。 Amazonの動画サービス「 Prime Vide ...

靴下屋のイメージ 5

靴下の専門店「Tabio」「靴下屋」のオンラインストアがリニューアルされました。今までよりも見やすく、買い物がしやすくな ...

東急ハンズのセール・ハンズメッセはいつ開催? 6

「ハンズメッセ」2021年の開催予想 2021年のハンズメッセの開催日程の予想です 開催予想: 2020年のハンズメッセ ...

-通販サイト
-

© 2020 お金ブログ