お金ブログ

お金を稼ぐ・節約する・増やす為の情報を発信しています。

「JCB CARD W plus L」の特徴とメリット。女性向けの特典付きの高還元率クレジットカード

投稿日:

JCBの純正カード「JCB CARD W plus L」のメリットまとめ

JCB CARD W plus L」というクレジットカードを紹介します。このカードはJCBという「国際ブランド」が独自に発行しているクレジットカードです。

プロパーカードなんて言い方をします。「プロパー」とは「固有の・正規の」という意味があります。車で例えるなら「純正オプション」の「純正」という意味に近いと思います。

JCBの純正カードシリーズを「JCB ORIGINAL SERIES (JCBオリジナルシリーズ) 」と呼びます。そのラインナップに新たに加わったのがこの「JCB CARD W plus L」です。

JCB CARD W」というクレジットカードもあります。

おすすめ
「JCB CARD W」の特徴とメリット。どこで使ってもポイント2倍の年会費無料のクレジットカード

JCBの純正カード「JCB CARD W」のメリットまとめ 「JCB CARD W」というクレジットカードを紹介します。 ...

「JCB CARD W plus L」との違いは、「JCB CARD W plus L」は女性向けのカードです。

女性特有の疾病保険や女性向け保険「お守リンダ」に割安の掛け金で加入することができます。

「JCB CARD W」に女性向けのサービスをプラスしたカードが「JCB CARD W plus L」です。

JCB CARD W plus Lにはこんなメリットがあります。

メリット

  • 年会費はずっと無料
  • どこで使ってもポイント2倍 (還元率1%)
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント特典
  • 女性向けの保険に手ごろな掛け金で加入できる

年会費はずっと無料

JCB CARD W plus Lは年会費無料のクレジットカードです。

気がねなく、申し込みがしやすいですよね。

このカード自体が若年層(申込可能な年齢18歳~39歳まで)をターゲットにしたクレジットカードですから、今までクレジットカードを持ったことがない方にも、おすすめしやすい1枚です。

プロパーカード(純正カード)という「安心感」や「品格」といった、お得以外のカッコ良さもありますよね。

ちなみにETCカードの発行手数料や年会費も一切不要です。

どこで使ってもポイント2倍 (還元率1%)

JCB CARD W plus Lはどこで使っても常時ポイント2倍!

通常ポイント(1倍) + JCB CARD W plus Lのボーナスポイント(+1倍) = ポイント2倍 のイメージです。

通常ポイントが0.5%還元なので、2倍で1.0%がこのJCB CARD W plus Lの還元率になります。

具体的には、1,000円の利用につき2ポイントが貯まります。貯まるポイントは「OkiDokiポイント」というポイントです。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント特典

JCB ORIGINAL SERIES (JCBオリジナルシリーズ)のクレジットカードは、パートナー(提携)店舗で利用すると、ポイントアップの特典が受けられます。

一番個人的に便利な利用シーンは「Amazon」です。Amazonでは通常ポイントが3倍です。

通常がポイント3倍 + JCB CARD W plus Lのボーナスポイント(+1倍) = 4倍 のポイントが受け取れます。

そうすると JCB CARD W plus Lを使ってAmazonで買い物をした時のポイント還元率は2.0%となります。

Amazonでお得なクレジットカード「Amazon MasterCard クラシック (アマゾンマスターカードクラシック)」と比較しても負けていません。

その他にもスターバックスやセブン・イレブン、エッソ、昭和シェル石油もパートナー(提携)店舗でもお得に買い物ができます。

ポイント優待店(JCB オリジナルシリーズパートナー)には下記のようなお店があります。

Amazon.co.jpポイント3倍
セブンーイレブンポイント3倍
イトーヨーカドーポイント3倍
昭和シェル石油ポイント2倍
スターバックス
(スターバックスカードへの入金)
ポイント10倍
※一回1,000円(税込)以上利用時
エッソ、モービル、ゼネラルポイント2倍
一休.com レストラン予約
ポイント3倍

事前に登録が必要なケースもありますので、詳細は下記を参考ください。

参考JCBカードのポイント優待店(JCB オリジナルシリーズパートナー含む)

女性向けの保険に手ごろな掛け金で加入できる

JCB CARD W plus Lには、「女性疾病保険」と「お守リンダ」2つの保険に手ごろな掛け金で加入することができます。

女性疾病保険」は女性特有の疾病にかかった場合の、入院費などをリーズナブルな保険料で手厚く補償してもらえる保険です。

24歳以下なら月額290円の保険料で、最大30,000円の補償が受けられます。

疾病入院保険金/日額3,000円
女性特定疾病入院保険金/日額3,000円
疾病手術保険金入院中30,000円
外来15,000円
女性特定疾病手術保険金入院中30,000円
外来15,000円

参考「女性疾病保険」の詳細はこちら

もう1つの「お守リンダ」は女性特有のがん保険の他に、ひったくりやストーカーなどの犯罪被害補償など4つのプランから組み合わせて加入できるタイプの保険です。

  • 女性特定のがん
    乳がん・子宮がん・卵巣がんといった女性特有のがんと向き合うためのプランです。補償期間中にはじめて乳がん・子宮がん・卵巣がんと診断確定され、手術を受けた場合に保険金が支払われます。
  • ひったくりやストーカーなどの犯罪被害補償
    ひったくり、空き巣、ストーカー行為等犯罪に巻き込まれた際に、被害に対して補償を受けたり、鍵交換や防犯設備設置の費用の一部を受けとる事が出来ます。
  • 天災による障害補償
    天災によるケガが原因で入院や手術を受けた場合に保険金が支払われます。
  • 入院補償
    急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で入院した場合に保険金が支払われます。(※天災が原因のケースは除く)

女性の生活上におけるリスクを軽減してくれる保険内容ばかりです。これらの保険は、かなり掛け金が安いです。

「保険に興味があるけれど、本格的な契約をするのはまだ不安…。」という方は、まずはお守リンダで試してみて、自分に必要な補償内容をじっくり考えてみてもいいかもしれませんね。

例えば女性特定がんは20~24歳でなんと月々30円!一番掛け金が高い55~59歳でも月々630円です。

他のどれも掛け金が手軽な料金なので、複数のコースを自由に組み合わせることもできます。

若い人ほど保険料は安く設定されています。保険料の負担が気になってなかなか保険に加入することを躊躇してしまう女性も多いかと思います。

どの保険も高くても数百円で加入できるものばかりです。

参考選べる女性向け保険「お守りリンダ」

「JCBスターメンバーズ」が適用されない

JCB CARD W」、実は他のJCBの純正カードシリーズ「JCB ORIGINAL SERIES (JCBオリジナルシリーズ) 」とは異なっている点があります。

それが「JCBスターメンバーズ」というメンバーランク制度が適用外になることです。

JCBスターメンバーズは対象外

JCBオリジナルシリーズのクレジットカードやJCBの提携カードでは「JCBスターメンバーズ」が適用されます。

JCBスターメンバーズは1年間のJCBカード利用額に応じて、メンバー特典を受けることができるJCBカード利用者向けサービスです。

例えば、JCB一般カードなら最大で1.5倍!(50%アップ)しますよ。

でも「JCB CARD W」は、JCBスターメンバーズは対象外です。

その理由としてJCB CARD Wは、常にポイント2倍に設定されているからです。

「JCB CARD W」とその他JCBカードと還元率を比較してみた

「JCB CARD W」と、JCBオリジナルシリーズのクレジットカードの還元率を比較してみました。

まずはJCB CARD Wの還元率を算出してみます。

JCB CARD Wはどこで使っても常時ポイント2倍!

通常ポイント(1倍) + JCB CARD Wのボーナスポイント(+1倍) = ポイント2倍 のイメージです。

通常ポイントが0.5%還元なので、2倍で1.0%がこのJCB CARD Wの還元率になります。

「JCB CARD W」と「JCB一般カード」との比較

JCB一般カードのポイント還元率は基本0.5%です。

加えてJCB一般カードは、「JCBスターメンバーズ」というメンバーランク制度が適用されます。下記のように還元率がアップしますよ。

年間利用額ランクポイントアップ
100万円以上スターα PLUS50%アップ【実質還元率0.75%】
50万円以上スターβ PLUS20%アップ【実質還元率0.60%】

JCB一般カードは最高でも還元率0.75%が上限になります。

しかも前年に100万円以上利用して、翌年分がポイントアップの対象になります。ポイントアップには時間も金額も必要になってきます。

JCB CARD Wに軍配が上がります。

「JCB CARD W」と最上級カード「JCB ザ・クラス」との比較

結論から言うと、還元率ではJCBカードのブラックカード「JCB ザ・クラス」をも凌ぎます。

JCBのゴールドカード・プラチナカードなど利用の方は下記の様にポイントアップします。

ランクJCBゴールドJCBプラチナ・JCB ザ・クラス
ロイヤルα PLUS60%アップ【実質還元率0.80%】70%アップ【実質還元率0.85%】
スターα PLUS50%アップ【実質還元率0.75%】60%アップ【実質還元率0.80%】
スターβ PLUS20%アップ【実質還元率0.60%】30%アップ【実質還元率0.65%】
スターe PLUS10%アップ【実質還元率0.55%】20%アップ【実質還元率0.60%】

上級カードは「ロイヤルαPLUS」という最上級ランクが設定されています。適用には年間300万円以上の利用が条件です。最高ランクになった場合でも、ポイント還元率は最大0.85%です。

JCB CARD Wは常に1%還元なので、JCB ザ・クラスで年300万円以上利用して最上級の「ロイヤルα PLUS」が適用されている状態よりも高還元になります。

まとめ

以上のことを押さえておけば、JCB CARD W plus Lは完璧OKです。

先に紹介した保険は任意加入になります。

自分には必要がないと思えば、加入する加入する必要はありません。「ちょっとおしゃれなデザインのクレジットカード」ぐらいで使うのも全然アリだと思います。

意外とシンプルで使いやすそうなクレジットカードだと思いませんでしたか?

いまなら新規入会限定キャンペーン開催中で最大11,000円分プレゼントがもらえちゃいます!

※JCB CARD W は WEB入会限定のカードです

こんな記事も読まれています



 ポチッとクリック後「貼り付け」できます!(SNS投稿に便利!)
ブログタイトルとURLをコピーする
 ブログでご紹介大歓迎!コピペするだけ!

 現在 004 名の方に Feedly をFollowいただいてます!

おすすめ記事一覧

イオンゴールドカードセレクトディズニーデザイン 1

私がイオンゴールドカードセレクトを取得した全記録を公開したいともいます。 この記事では『イオンカード(WAON一体型)』 ...

dカードゴールド 2

『月々のスマホ料金が高くて困っている』 そんなあなたに、おすすめしたいクレジットカードが「dカードGOLD」です。ドコモ ...

Copyright© お金ブログ , 2018 All Rights Reserved.

//linkswitch